イタリア料理資格人気ランキング

イタリア料理は新鮮な食材を使用して見た目も鮮やかな料理が多いので女性に人気があります。イタリア料理とはパスタやピッツァなら私達にとっても馴染み深い料理ですが、各地域ごとに使用する食材や調理法が違うので奥が深い一面もあります。イタリア料理の資格を取得すればより深い知識が身についてイタリア料理への造詣も深くなることでしょう。

 

1位イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエは日本安全食料料理協会が主催しています。

イタリア料理はパスタやピッツァなどで知られるイタリアの郷土料理ですがオリーブ・チーズ・トマト・ニンニクなどの新鮮な食材を使用した独自の調理法が世界レベルで高い人気を集めています。一口にイタリア料理と言っても北部・中部・南部で使用する食材や調理法が違ったりそれぞれのテーブルマナーもあります。イタリア料理ソムリエはこのようなイタリア料理全般の知識を持っていることの証明となります。

イタリア料理ソムリエを取得すれば料理教室などで講師活動が出来るようになります。

イタリア料理ソムリエの試験は年に6回偶数月に開催されます。受験料は10,000円でインターネットによる申し込みで在宅受験となります。試験全体の70%以上の正答率で合格です。

 

2位イタリアンコーディネーター

イタリアンコーディネーターは日本生活環境支援協会が主催しています。

イタリアンコーディネーターはイタリア料理のメニューやそれに使用する食材・レシピに関する知識を持っているだけでなく実際にレストランで売り出すことの出来るメニューを提案出来ることを証明する資格です。

イタリアンコーディネーターを取得すれば料理教室などで講師活動を行ったり、レストランのメニューの開発に関わることが出来るようになります。

イタリアンコーディネーターの試験は年に6回偶数月に開催されます。受験料は10,000円でインターネットによる申し込みで在宅受験となります。試験全体の70%以上の正答率で合格です。

 

3位イタリアンマイスター

イタリアンマイスターは日本能力開発推進協会が主催しています。

イタリアンマイスターは日本のイタリアンレストラン「LA BETTOLA da Ochiai」のオーナー「落合務」さんが監修している資格なので、資格保持者は本格的なイタリア料理の調理技術を持っていることの証明となります。

イタリアンマイスターを取得するためには、まず独自の通信講座で3か月間学習します。その後在宅による認定試験を受けて試験全体の70%以上の正答率で合格となります。受験料は5,600円です。

試験内容はイタリア料理の調理時に必要不可欠な乳化・火加減・塩加減や前菜・パスタ・デザートの調理法などが出題されます。

 

4位イタリア料理研究家1級

日本イタリア料理研究家1級は日本イタリア料理教室協会が主催しています。

日本イタリア料理研究家は3級、2級、1級の3段階となっており、1級はイタリア国内の各地方の料理の特徴や食材の違いとイタリア産のワインについて他人に説明できる程度に理解していることが証明されます。

試験は筆記と実技があり筆記ではイタリア語で書かれたレシピの読解力も問われます。

日本イタリア料理研究家1級は誰でも受験出来るわけではなく、日本イタリア料理教室協会の認定校でイタリア料理100メニュー・ワイン50種類を100時間以上学習し、日本イタリア料理研究家2級保持者であることが対象となります。受験料は27,000円です。

日本イタリア料理研究家1級は本格的な資格なので取得した時には自身のイタリア料理レストランを出店出来るだけの腕前が身についている事でしょう。

 

5位イタリア料理研究家認定試験3級

日本イタリア料理研究家3級も1級と同様に日本イタリア料理教室協会が主催しています。

こちらは1級に比べて難易度が低い資格試験なのでイタリアの食文化や地理・気候などの基本的な知識が試験範囲となります。そのため日本イタリア料理研究家3級保持者は地域ごとの料理の区別をつけられるだけの知識を持ち合わせていることになります。

日本イタリア料理研究家3級は1級と同様に認定校にて学習することが出来ますが、学習経験の無い人でも受験することが出来ます。受験料は19,440円で筆記試験のみとなっています。

深い知識はないけれどもイタリア料理が好き!という方におすすめの資格です。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP