インテリア

インテリアアドバイザー認定試験口コミ評判

インテリアアドバイザーという職業を知っていますか?それはインテリアデザインに関してアドバイスを行う職業です。ショールームやインテリアショップなどで適切なアドバイスを行える能力持ったプロのアドバイザーがいるなら、訪れるお客様もに安心して相談することができるのではないでしょうか。最近はオシャレですっきりとしたインテリアに定評がある無印良品でも、インテリアアドバイザーに相談できるインテリア相談会を開催していて、とても人気です。家具や収納用品を相談者のお部屋にあった配置の仕方や、実際の使い方を教えてもらうことができ、目からうろこが落ちた!という口コミもありました。

もともとインテリアが好きだけど、インテリアアドバイザーくらいの知識を持ちたい!インテリアアドバイザーとして働きたい!という方も、増えてきているようです。そして個性的で機能性もあり、かつ居心地のよい部屋が、年々求められている中インテリアデザイナーの仕事の需要も増えています。

インテリアアドバイザーになるには

では、どうしたらインテリアアドバイザーになれるのでしょうか?インテリアアドバイザーとは基本的に資格の名前になります。アドバイザーとしてインテリアコーディネートの知識やスキル。カラーコーディネーター資格で求められるような色彩感覚が必要になります。そしてその資格は日本デザインプランナー協会の主催する「インテリアアドバイザー認定試験」で取得することができます。

「インテリアアドバイザー認定試験」とは?

「インテリアアドバイザー認定試験」は「日本デザインプランナー協会」により主宰されていて、試験はインテリアデザイナーとしての知識・技術レベルの社会的な証明を目的としています。これからインテリアアドバイザーとして働きたい方はもちろん、現在インテリア・建築関連の企業で働いている方も対象としています。自宅で受けることができるので、ゆっくり考えながら試験を受けることができ、2か月に1回開催されているのでトライしやすい試験となっています。

日本デザインプランナー協会の説明によると、

【インテリアアドバイザー認定試験】

・インテリアアドバイザーとしての知識・技術とそれを実務で活用できる技能を有していることを認定します。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出

合格基準 70%以上の正答率

インテリアに関しての知識が必要で難しそうですが、試験期間が在宅で5日間の期日までに提出すればよいので、

ぎりぎりまで勉強したり、リラックスして回答することができるというメリットがあります。しっかり勉強すれば比較的とりやすい資格だそうです。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

インテリアアドバイザーとして、インテリアショップ、ハウスメーカー、建築事務所やデザイン事務所で働くことができます。インテリアアドバイザーの仕事は一人部屋から店舗までアドバイザーが活躍できる場はたくさんあります。電話相談を行っているインテリアショップもあるようです。資格を活かし講師としてスクールで教えることもできます。多様な働き方ができるので、資格をとっておくと主婦の方も時間に融通を利かせてやりがいのある仕事をもつことができます。収入に関して言えば、インテリアアドバイザーは資格がひとつの能力を表しているため、初任給はインテリアコーディネーターや空間デザイナーより少し高くなるようです。そして経験を積むごとに能力が評価されその年収は上がっていくことになります。

実際に資格を取得した人たちによると、アドバイザーとしての仕事はともかくお客様に感謝されることが多く、勉強にもなるのでやりがいのある仕事だそうです。

まとめ

この資格を取ることで、人気のインテリアアドバイザーとして様々な生活形態の方にオシャレで快適なインテリアを提案する機会が広がります。すでに建築業界、インテリアショップで働いている方にはスキルアップにつながりますし、インテリア好きの方には勉強にもなり、資格を持っていると、今後さらに活躍の場を広げるときに役立つことになります。インテリア好きで、模様替えが得意な方、仕事の幅を広げたい、スキルアップしたいと考えている方、「インテリアアドバイザー認定試験」がおすすめです!
インテリアデザイナー  インテリアデザイナー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP