インテリア

インテリアデザイナー認定試験口コミ評判

おしゃれな部屋を作り出すインテリアデザイナー。同じ部屋でもデザイナーが手掛けると、ぐっと洗練され、狭い空間も広々と、また海外のお部屋のようなオシャレな部屋に生まれ変わります。最近は雑誌などで紹介されたり、家具売り場での一角を用いて紹介されるなどして、わたしたちも身近にインテリアデザイナーの仕事ぶりを見ることができています。

インテリアデザインが好きな方、自分の部屋も常に意識して内装や配置を工夫している方は、インテリアデザイナーの仕事に興味があるのではないでしょうか。

インテリアデザイナーは依頼者の希望にあわせながら、住居からオフィス、ホテルなどのあらゆる室内の設計、また室内に配置される、家具やカーテン、照明などインテリア用品の設計をする仕事です。

こだわりのある部屋、居心地のいい部屋への関心は年々高まっていて、人気も需要もある仕事といえます。

インテリアデザイナーになるには

どうしたらインテリアデザイナーになれるのでしょうか?インテリアデザイナーになるには基礎的なインテリアに関する専門知識に加え、美的センス、色彩感覚、造形能力が必要になります。必要とされる資格は義務づけられていませんが、インテリアデザイナーとしての知識、能力を証明するものになりますので、まずは資格取得をおすすめします!比較的取得しやすく、人気の資格として「インテリアデザイナー認定資格」があります。初めての人からすでに現場で働いている人も取得することができる資格です。

「インテリアデザイナー認定試験」とは?

資格試験は「日本デザインプランナー協会」により主宰され、インテリアデザイナーとしての知識・技術レベルの社会的な証明を目的とする認定試験です。自宅で受けることができるのも人気の理由のひとつとなっているようです。自宅に受験票・試験問題・解答用紙が送られてきて、5日間ほどの定められた試験期間内に解答を日本デザインプランナー協会に返送します。焦ることなくじっくり考えて試験を受けることができます。2か月に1回開催されているのもトライしやすい理由となっています。

日本デザインプランナー協会の説明によると、

【インテリアデザイナー認定試験】

・インテリアデザイナーとして幅広い知識を有していることを認定します。家具や照明などのインテリアに関する商品知識の他、販売や技術等に関して幅広い基礎知識が問われます。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出

合格基準 70%以上の正答率

インテリアに関しての知識が必要で難しそうですが、インテリアの勉強は楽しく、自宅でじっくり試験をうけることができるので思った以上に早く合格できるという口コミがありました。入門的に受験するにはおすすめの資格だそうです。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

インテリアデザイナーとして、ハウスメーカー、建築事務所やデザイン事務所またはフリーランスとして独立することができます。

実際に資格を取得した人たちによると、

建築業界ですでに働いていてキャリアアップを考え資格取得した方は内装にかかわる仕事に仕事の場を広げることができるようになったそうです。

また、もともとインテリア好きでさらに勉強のために資格を取得したという方は、その専門知識を使って地域に貢献したいという気持ちになり、今後セミナーを開いたり、自宅だけでなく多くの人のインテリアをデザインできるように活躍の場を地域に広げることになったそうです。

まとめ

この資格を取ることで、インテリアデザイナーとしての一歩を踏み出すことができ、すでに働いている方は仕事の幅を広げることができ、趣味の範囲として勉強のために資格取得した方も今までになかった活躍の場を広げているようです。インテリア好きな方、おしゃれなことが好きな方、スキルアップを目指してる方「インテリアデザイナー認定試験」に挑戦してみるのはいかがでしょうか!
インテリアデザイナー  インテリアデザイナー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP