インド料理

インド料理資格人気ランキング

カレーは私達にとって親しみ深い料理ですがとても奥が深い料理でもあります。カレーの資格を持っていればカレーに使用するスパイスやカレーの歴史的背景などの知識が深まりますのでもっとカレーが好きになることでしょう。カレーの資格取得は飲食業界に携わる人だけでなく単純にカレーが好きな人にもおすすめです。

1位インド料理ソムリエ

インド料理ソムリエは日本安全食料料理教会(JSFCA)が主催しています。

インド料理ソムリエはインド料理の種類・インド料理に使用する食材やレシピに精通していることを証明します。インド料理と言えばカレーが有名ですがそれ以外のほとんどのインド料理にもスパイスが使用されています。スパイスとインド料理は密接な関係にあるのでスパイスの種類や使用方法などの詳しい知識も問われます。

またインド料理には牛乳の脂肪分を抽出したパニールや果物由来の酸味の強い調味料のチャツネなど日本には無い食材がたくさんあります。インド料理ソムリエはそれらの正しい使い方を把握して他人にレクチャーできるだけの技量も問われます。

インド料理ソムリエの試験は年に6回偶数月に開催されます。受験料は10,000円でインターネットによる申し込みで在宅受験となります。試験全体の70%以上の正答率で合格です。

2位インド食文化インストラクター

日本インストラクター技術協会(JIA)が主催しています。

インド食文化インストラクターもインド料理ソムリエと同様にインド料理の種類やレシピなどを把握していることの証明となります。その中でもこちらは主にインド料理の成り立ちや宗教を含む歴史的背景などに精通して、インドの食文化を発信することに特化しています。

インド料理はヒンドゥー教とイスラム教に大きく影響されているので菜食主義者向けの料理や使用してはいけない食材などがたくさんあります。またインドは過去にイギリスを介して独自の食文化が世界に発信されたという歴史的背景もあります。しかし本場のインドカレーと欧風カレーを見ても分かる通り少し変わった形式で伝わっていることもあります。インド食文化インストラクターはそのような事情も把握してなければいけません。

インド食文化インストラクターを取得した人はカルチャースクールなどで講師活動をすることでインドの食文化の発信に努めています。

インド食文化インストラクターの試験は年に6回偶数月に開催されます。受験料は10,000円でインターネットによる申し込みで在宅受験となります。試験全体の70%以上の正答率で合格です。

3位カレーマイスター

カレーマイスターは日本野菜ソムリエ協会が主催しています。

カレーマイスターはその名の通りカレーに詳しいことを証明する資格です。カレーライスは私達にとってとても親しみ深い料理ですが、深い歴史があり種類やレシピもたくさんあります。

例えば私達日本人が頻繁に食しているのはとろみのついたカレールウに野菜や肉を入れたいわゆる「欧風カレー」と呼ばれるカレーです。

しかしカレーの本場インドで作られているカレーはカレールウはおろかカレー粉すら使用しません。ブラックペッパー、ローリエ、ターメリック、クミン、シナモン、チリペッパーなどのたくさんのスパイスを調合し野菜や肉を混ぜて煮込むことで独特の味を引き出しています。他にもタイで作られているカレーはココナッツミルクやナンプラーを使用する事でインドカレーとは違った味付けになっています。またカレーの付け合わせもライスだけでなくナンだったり、複数のカレーを小皿に盛り付けて色々なカレーの味を楽しむといった食べ方もあります。

この様に一口にカレーと言っても数多くの種類があり、カレーマイスターはそれら全てを把握している人に与えられる資格です。

カレーマイスターを取得すればカレーと関係のある食品業界で活躍することも出来ますし、単純にカレーが好きな人が自分の食生活を豊かにしたりカレーの魅力を世の中に伝えることも出来ます。

カレーマイスターを取得するためには日本野菜ソムリエ協会が主催するカレーマイスター養成講座を受講する必要があります。カリキュラムは4科目あり修了するためには最低3科目以上は受講する必要があります。最後に修了試験を受けて見事合格するとカレーマイスターとして認められます。受講料は48,000円です。
インド料理資格  インド料理資格

資格通信教育ランキング

PAGE TOP