エスニック料理

エスニック料理資格人気ランキング

エスニック料理と言われるとほとんどの人がタイやインドなどの東南アジアの料理を想像するかもしれません。しかしエスニック(ethnic)の本来の意味は「民族」なのでアジアだけに限らずアフリカ・北欧・中南米などの独立した食文化を持つ国は全て対象となります。そのためエスニック料理の資格試験に合格するとなると当然世界各国に存在するエスニック料理の幅広い知識が必要とされます。しかしエスニック料理は各地域の宗教・気候・歴史などに影響されており日本人の食生活とは全くかけ離れた料理もあるので学習していく内にエスニック料理の奥深さの魅了されるかもしれません。またエスニック料理で使用される香辛料を普段の料理に使用すれば香ばしくて食欲を搔き立てる料理に仕上がるのでレパートリーに幅が広がることでしょう。エスニック料理は未知なる部分が多いからこそ私達の食生活にも無限の可能性を与えてくれます。エスニック料理の資格試験は難しく感じるかもしれませんが初心者でも取り組みやすい内容になっているので興味がある方は一度挑戦してみることをお勧めします。

1位エスニック料理ソムリエ

エスニック料理ソムリエは日本安全食料料理協会が主催しています。

エスニック料理ソムリエの資格保持者はエスニック料理全般への詳しい知識を持っている事が証明されます。一般的にエスニック料理と言うと東南アジアの料理が想像されますがエスニック料理ソムリエの資格試験ではアフリカ・北欧・中南米などの地方の郷土料理も出題範囲となっています。

エスニック料理はその土地で普段から食されている定番メニューやお茶・お菓子などの独立した文化もあります。それらは各国の歴史・気候・宗教などによって成り立っているので私達日本人の食生活とは全くかけ離れた食文化も存在します。

エスニック料理ソムリエを取得すれば料理教室などで講師活動が出来るようになります。

エスニック料理ソムリエの試験は年に6回偶数月に開催されます。受験料は10,000円でインターネットによる申し込みで在宅受験となります。試験全体の70%以上の正答率で合格です。

エスニック料理ソムリエの試験に実技は無いので初心者でもしっかり勉強すれば取得できる内容となっています。

2位アジア料理インストラクター

アジア料理インストラクターは日本インストラクター技術協会が主催しています。

アジア料理インストラクターはその名の通りアジア料理に関する詳しい知識を持っている事の証明となります。特に試験ではベトナムやタイなどの中近東、西アジア地方の郷土料理が出題範囲となります。

アジア料理はイスラム・ヒンドゥーなどの宗教の影響を受けており、その地域で栽培された香草や香辛料を使用しているので他国では見られないような見た目や香りがする料理がたくさんあります。

テーブルマナーに関しても独自のルールがあります。例えばベトナムの場合お椀に口をつけるのはマナー違反なので必ずレンゲや箸などを使用します。タイの場合フォークを口につけるのはマナー違反なので代わりにスプーンを使用します。手づかみで食事をする地域では左手は不浄の手とされているので必ず右手を使用するという風習があります。

他にも食事は絶対に残してはいけなかったり、最後の一口は必ず残したリ、床に落としたパンは拾ってお皿に戻す等それぞれの地域によって異なったテーブルマナーが存在します。アジア料理インストラクターはそれらの知識を身に着けていなければなりません。

アジア料理インストラクターの試験は年に6回偶数月に開催されます。受験料は10,000円でインターネットによる申し込みで在宅受験となります。試験全体の70%以上の正答率で合格です。

アジア料理インストラクターもエスニック料理ソムリエと同様在宅での学習と受験なので初心者でも挑戦しやすい内容になっています。アジアの料理に興味がある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。
エスニック料理資格  エスニック料理資格

資格通信教育ランキング

PAGE TOP