キッチン資格

キッチン心理カウンセラー認定試験口コミ評判

どんな資格?

キッチン心理カウンセラーとは、心理学と基礎知識や様々なキッチンの施設、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。
キッチンの周りやそのものについて理解し整えることによって、料理に対する姿勢・心持を変化させて生活自体を豊かにすることを目的としています。
資格を取得した後はカウンセラーとして外で活動したり自宅などでも講師活動が可能です。女性、特に主婦の方々に人気のある資格です。

認定試験の申し込み方法

キッチン心理カウンセラー認定試験は「日本アロマメディカル心理セラピー協会」が主催しています。
この協会は心のケアを中心に、その技術があると認定してくれる協会で、他に「風水セラピスト」や「美快眠セラピスト」認定試験などが開催されています。

協会のホームページがあり、そこから申し込むので全国どこからでも受験が可能です。受験する際に必要な経歴・資格などは一切ありません。
受験場所はもちろん自宅。試験期間は5日間なので緊張せず安心して取り組めます。答案を提出して、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後です。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

生活の健康を整える!

台所は多くの方が使う場であって、一日で数時間もそこに立つこともある場所です。主婦の方はなおさらでしょう。
自分の知らないうちに使い勝手のせいでストレスが溜まっているかもしれません。例えば、料理を家族一食分作ることがとても大変で疲れてしまうと思われる方は無意識のうちに心に大きな負担がかかっているかもしれません。
もし当てはまるようでしたら、一度見直して基礎から学んでみることも大事ですよ。

もちろん主婦以外にだって役に立つ資格です。
料理好きな方や未婚女子の方は必見!男性は以外とこんな所も見ています。例えば、キッチンの棚を開けて何が何だかわからないごちゃごちゃの状態を見せられたら引かれてしまうかも・・・
この資格は料理を勉強するわけではないので、料理は苦手だけどせめてこういう所はキッチリしたい!という方にもおすすめです。

資格取得を目指す人の中では調理のプロ、調理師免許を持っている方もいます。そのような方はスキルアップのために必要だと判断して勉強しているのですね。
現場でも使う資格だということがわかります。

キッチン心理カウンセラーを学んだ人の口コミ

「調理の学校に通いたくて色々調べたらこの資格がヒットしました。これなら学生でもできそうだと思い、家事を条件に親に通信講座を頼み込んで勉強しました。
教材の内容がすぐに使えるものだったので家の手伝いが捗り母からも通信講座をやらせて良かったと言ってもらえました。まだ卒業は出来ていないけど自信もついてきたのでこの調子で頑張ろうと思います」

自宅ですぐに実践できて体感できるのは勉強の成果も出せますし良いことですね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、キッチン心理カウンセラーに少しでも興味を持っていただければ幸いです。
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP