shikakutoru

キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判

1年を通じてさまざまなイベントで重宝され、またオシャレなインテリアには欠かせないキャンドル。その種類は大変多く、色や形も豊富で色や色の組み合わせもあります。また様々なアロマが配合されたアロマキャンドル、人気のフローティングタイプなど使用方法も多種多様になっています。

おうちのインテリアに最適なキャンドルを選ぶときから、結婚式やアニバーサリーといった大事な瞬間に用いるキャンドルまで、どのキャンドルを使用すればいいのか、最適なキャンドルを提案し使用方法を教えてくれるのが、キャンドル選びのプロであるキャンドルアドバイザーです。

自分で手作りするキャンドルも大変人気で、キャンドル作成のカルチャースクールも生徒がいっぱいになっています。それとともに、教えるプロも必要になっています。

需要が高まるキャンドルアドバイザー、キャンドルが大好きで趣味で集めている方、自分で作っている方、趣味を活かし資格を取って今度はプロとしてみんなに素晴らしいキャンドルを紹介するお仕事を始めませんか?「キャンドルアドバイザー認定試験」でその資格を取得することができます。

「キャンドルアドバイザー認定試験」とは?

キャンドルデザインマスター認定試験とは、日本インストラクター協会が主宰している試験です。インターネットで2か月に1回開催されていて、自宅で受験し、回答を返送するという形でうける試験です。

日本インストラクター協会の説明によると、

【キャンドルアドバイザー認定試験】

・キャンドルアドバイザーとは、ベーシックキャンドル(ラウンド・スクエア・コーン・ボール・テーパー・スパイラル等)、フローティングキャンドル、カップキャンドル、グラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルなどの技術を習得しインストラクターとして他社に教える事が可能だと判断したものに授与される資格です。また、資格取得後は講師活動が行えるようになります。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準    70%以上の評価

※試験の内容は、キャンドルに関する基本的な知識から、フローティングキャンドルやアロマキャンドルなどの使い方の理解などが求められるようです。

自宅で受験できるので、じっくり考えながら受験できますし、好きな時間にできるので、忙しい生活を送っている社会人や主婦の方にも人気の試験となっています。どなたでも受験することができますので、趣味でキャンドルが好きだった方は大好きなキャンドルの知識を増やす試験勉強は楽しいものですし、すでにキャンドル作成の仕事に携わっている方はスキルアップのためになる試験です。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

キャンドルアドバイザーとして独立して働くことができます。イベントやパーティーのキャンドルコーディネートや、雑貨店、アパレル関係の企業でこの資格を活かし働くこともできます。講師としてスクールを開くこともできます。キャンドルを本気で仕事にしようと考えている方にオススメの資格です。もちろん副業としてカルチャースクールで教えることもできます。ここで得た知識を活かしてご自身のインテリアに、イベントに大活躍できます。

まとめ

趣味でキャンドルを集めていた方、趣味の世界から資格をとって、プロのキャンドルアドバイザーとして働くことができます。生活のシーンに合った、クライアントに合ったキャンドルを提案するのは、キャンドル好きの方にはとてもやりがいのある仕事となります。そして感謝されることも多いので満足度は高いという声を聞きます。キャンドルは癒しの効果も高いので、キャンドルについての知識を深めプロとして活動することは周りや自分の生活も穏やかで豊かにすることができるので二次的なよい結果もついてきます。女子力をさらに上げたいと考えている方、キャンドルを極めたい方、おしゃれに敏感な方、キャンドルを通して周りの人を笑顔にしたい方、「キャンドルアドバイザー認定試験」の挑戦をオススメします!

資格通信教育ランキング

PAGE TOP