shikakutoru

キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

暖かく灯る火が癒し効果抜群で女子であればだれもが好きなキャンドル。女子に限らずおしゃれな方は必ずといっていいほどインテリアに取り入れているキャンドルですが、いまやキャンドルはさまざまな形のものがデザインされています。結婚式やホテル、季節を問わず多くのイベントで様々なキャンドルが用いられているので皆さんも目にしたことがあるかもしれません。

おしゃれすぎて使うのがもったいないようなキャンドルを生み出すのがキャンドルデザインマスターといわれる人たちです。キャンドルデザインマスターは様々な形や色、香りのキャンドルをデザインします。たとえば暖かい光と共にお部屋に好みの香りに漂わせるアロマキャンドルをデザインしたり、そのほかにも、食べられそうなくらい精巧にできたフルーツやスィーツを模したキャンドル、かわいい動物や人形のキャンドル、水に浮かべるフローティングキャンドル、表面に花やアニマル柄など様々な模様をあしらったキャンドル、水やガラスのように透き通ったジェルキャンドルに花やほかのかわいらしいデザインを埋め込むタイプなどなどさまざまキャンドルを創作します。

魅力的なキャンドルの世界にはまり、集めるだけでなく、自分も色々なデザインができるキャンドルマスターになりたい!と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。でもどうしたらなれるの?とお悩みの方にはまず、「キャンドルデザインマスター認定試験」への挑戦をオススメします。

「キャンドルデザインマスター認定試験」とは?

キャンドルデザインマスター認定試験とは、日本デザインプランナー協会が主宰している試験です。インターネットで2か月に1回開催されていて、自宅で受験し、回答を返送するという形でうける試験です。

日本デザインプランナー協会の説明によると、

【キャンドルデザインマスター認定試験】

・キャンドルデザインマスターの資格はキャンドル製作に必要な知識、技術のレベルが一定以上である事を証明する資格となります。試験ではキャンドル製作の材料や各種キャンドルの特徴、製作の工程などが問われます。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準    70%以上の評価

※内容はキャンドルの材料と道具、材料の種類、道具の種類、キャンドル作りの基本、よく使われる技法、色や演出について、キャンドル作りのレシピなどについて問われます。

自宅で受験できるので、焦らず考えながら受験できますし、好きな時間にできるので、忙しい生活を送っている方にも受験しやすい試験となっています。試験勉強の過程でキャンドル作成に関して知識を増すことでき、すでにキャンドル作成の仕事に携わっている方にもそうでない方にも勉強になる試験です。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

キャンドルは他のハンドメイドのものと比べて単価が高く高額なものは数万円で販売されます。そのため、より魅力的で個性的なキャンドルをデザインできる人材が大手のアパレル業界から小売店まで多くの場で求められています。キャンドルデザインマイスターの資格を持つと通常のキャンドル製作だけでなく、カラー・デザインなどクライアントの要望に沿ったキャンドルを製作できることの証明になります。独立・開業して働くこともできますし、雑貨店やインターネットを介して販売することもできます。またキャンドルのつくり方を人気のカルチャースクールで教える講師活動もをすることもできます。

まとめ

キャンドルデザイナーは今とても人気の職業です。資格をとって活躍の場を広げませんか!資格取得と共にスキルアップし、手作りしたキャンドルをプレゼントしたら友人や家族にとても喜ばれるようになったという声も聞きます。キャンドルの世界に興味があり、極めたい方、キャンドル関連の仕事に就きたい方「キャンドルデザインマイスター認定試験」受験して資格を取得することをオススメします!

資格通信教育ランキング

PAGE TOP