ハンドメイド

クラフトハンドメイドマイスター認定試験口コミ評判

手作りの温かみと世界に一つの特別感、それがハンドメイドクラフトの魅力です。ハンドメイドの購入や創作に興味を持つ人は年々増えています。

毎週何かしらのハンドメイドイベントが開催され、クラフトメイド専門の販売を行うインターネットサイトでは何億もの売り上げを上げているそうです。

このハンドメイドブームは一過性のものではなく、今やさらに進化しています。販売者にとっては簡単に出典できる場が増えてきたので、売れやすいという利点や、購入者にとっては安心して質の良いものを多く購入できるという利点が影響して、今後も展望のあるものとなってきています。さらに海外からの需要も増えてきているようです。

人気と共にライバルも多くなってきたハンドメイドクラフトの世界です。クラフト関連のお仕事への転職を目指す方やフリーランスで活動したいけど差別化を図りたい方、また関心はあるけどなにから取り掛かればよいのか分からない方にオススメなのが、「クラフトハンドメイドマイスター」の資格取得です。

「クラフトハンドメイドマイスター認定試験」とは?

クラフトハンドメイドマイスター認定試験とは、デザイン技術関係の認定を行う日本デザインプランナー協会が主宰している試験です。インターネットで2か月に1回開催されていて、自宅で受験し、回答を返送するという形でうける試験です。

日本デザインプランナー協会の説明によると、

【クラフトハンドメイドマイスター認定試験】

・クラフトハンドメイドマイスターとは、装飾用糸の扱い方、布の染め方など、各種クラフトの知識やある程度の創作スキルを所持している人に認定される資格です。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

※内容は・縫う・編む・染めるに関する基礎知識、手順方法の知識。ハンドクラフトでよく制作されるケースやカバー等の作り方、生地の種類の知識が必要になります。

ハンドクラフトに必要な幅広い知識に関しての試験ですので、装飾用糸の扱い方、布の染め方など勉強のために受けるという方もいるようです。インターネットで申し込み、送られてきた用紙を用い自宅で受験できるので、焦らず考えながら受験できますし、好きな時間にできるので、忙しい主婦の方にも人気の試験となっています。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

手芸専門店、毛糸メーカー、雑貨装飾品メーカーなどで働かれている方も多く存在しますが、副業として空いた時間に手作りの楽しさを教えるカルチャースクールを開くことができます。クラフトに関心のある人は増えていますので、今後も需要が増えていく分野だと言えます。自宅や公民館を用いたカルチャースクールから、インターネットや会社などで教えるビジネス・カルチャースクールの講師としても活動できます。また、資格を持っていると、ハンドクラフトのイベントに参加できる場が広がりますので、コミュニティを広げることができます。学んだことを応用して新たな作品を制作し販売することもできます。もちろんクラフト関連のみならず、アパレル関連の仕事に活かすこともできます。

まとめ

ハンドクラフトは、趣味の世界からしっかりとしたビジネスとして世界を広げることのできるものに変化しています。またクリエイティブな方たちとのつながりを広げ、さらに活躍の場を広げていくことができるものになっています。
クラフトの趣味を仕事に活かしたいと考えている方、小物が好きで、アイデアを形にしたいと考えている方、クラフト関係の職種を考えている方に是非「クラフトハンドメイドマイスター認定試験」受験することをおすすめます!
ハンドメイド  ハンドメイド

資格通信教育ランキング

PAGE TOP