スパイス

スパイス・調味料資格ランキング

スパイスや調味料は、料理に変化とアクセントを与えてくれます。少し入れるだけで全く違う味に変化するスパイスや調味料はまるで魔法の食材です。またスパイスや調味料には料理を美味しくするだけではなく、健康や体にもとても良い効能があります。そんなスパイスや調味料を使いこなせるようになるために今回は、スパイスや調味料に係る資格についてランキング形式でお伝えしていきます。

1位 スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)

日本安全食料料理協会が主催する「スパイソムリエ」は、スパイスの種類からその歴史まで幅広い知識を有する方に与えられる資格になります。無数のスパイスを掛け合わせることにより料理の幅は大きく広がることになります。そのため、飲食業界で働かれている方はこの資格取得により仕事の幅が大きく広がることになります。また、この資格試験は在宅受験になります。毎日朝早くから夜遅くまで働かれる飲食業界の方でも、隙間時間を利用して受験を行うことができる「スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)」はとても人気の資格になっています。スパイス香辛料アドバイザー資格認定試験の案内

2位 スパイスインストラクター

日本インストラクター協会が主催する「スパイスインストラクター」は、様々な種類のスパイスの知識と効能を理解し活用する能力を有する方に与えられる資格になります。スパイスの素晴らしさを世の中に広げるために講師として活躍したいと考えている方に特に人気の資格になります。また、「スパイスインストラクター」を目指すことによりスパイスに関する知識を基礎から学ぶことになるので、これからスパイスを学び使いこなせるようになりたいという方にも人気の資格になっています。スパイスインストラクター資格認定試験の案内

3位 スパイス&ハーブ検定

山崎香辛料新興財団が主催する「スパイス&ハーブ検定」は、3級から1級まで各レベル別にスパイスやバーブに関する知識を有する方に認定される資格になります。家庭料理でスパイス・ハーブを使った料理を作れるようになりたいという方は3級を、さらに進んでスパイス・ハーブを使いこなせるようになりたいという方は2級の認定を目指されると良いと思います。また、スパイスに関して人に料理教室などで伝えて行きたいという方は1級を目指されることをお勧めします。

4位 スパイスコーディネーター

スパイスコーディネーター協会が主催する「スパイスコーディネーター」は、一般的にスパイスに関する一定のカリキュラムを受講し、認定試験を受けることにより資格取得が可能となります。体系的にスパイスを学びたい方にはもってこいの資格になります。また、スパイスの効能を理解し、様々な場面で活用していきたいという方にもおすすめの資格になります。

5位 カレーマイスター

日本野菜ソムリエ協会が主催する「カレーマイスター」は、歴史やスパイスの使い方などカレーの奥深さを理解している方に認定される資格になります。日本の食卓の中で最もスパイスと関わりがあるのがカレーじゃないでしょうか。多くの方が好きなカレー。普段何気に食べている方が大半だと思いますが、実はその効能には素晴らしいものがあります。そんなカレーの魅力を知り愛する家族のために作ってあげたい方や、伝えて行きたいと考えている方にお勧めの資格になります。
スパイス  スパイス

資格通信教育ランキング

PAGE TOP