スパイス

スパイス香辛料アドバイザー認定試験口コミ評判

スパイス香辛料アドバイザー認定試験口コミ評判

タイ料理・インド料理・インドネシア料理など本場のアジア料理を扱うお店が大人気です。海外までいかなくても本場の味が楽しめるようになったのには、現地の方が腕を振るうレストランが増えたことに加え多種多様なスパイスが入手できるようになったことも大きいな要因になっているようです。例えば本格的カレーになると30種類以上のスパイスを使っています。そしてスパイスは味の深みを増し美味しいだけでなく、健康への効能もすばらしく例えばカレーのスパイス代表格は「ウコン」。ウコンには肝機能障害の予防し、肝機能の強化、鎮痛、抗酸化作用、抗炎症作用、皮膚炎の殺菌作用さらには止血効果もあると言われています。

健康にも美容にもいいスパイスは日本人の口にも合い大人気です。でもその種類の多さ、効能の多さから、素人ではなかなか扱いきれないスパイス。スパイスのプロが求められています。

スパイスが大好きな方、スパイスを使ったレストラン経営を考えている方など、「スパイス香辛料アドバイザー」になりませんか!スパイス香辛料アドバイザーは様々なスパイスに関する知識を用いて、スパイスが持つ効能を活かした料理を提案する人のことをいいます。でもどうしたらなれるのでしょうか。それには「スパイス香辛料アドバイザー認定試験」をおすすめします。

「スパイス香辛料アドバイザー認定試験」とは?

「スパイス香辛料アドバイザー認定試験」とは、食品・料理技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関「日本安全食料料理協会(JSFCA)」が主宰している試験です。2か月に1回偶数月に開催されていて、インターネットで申し込み、自宅で受験することができます。開催数も多く、自宅で受験できるので忙しい方にも人気の試験です。

日本安全食料料理協会の説明によると、

スパイスの歴史やスパイスの種類を理解し、様々なスパイスを有効的に活用できる知識を持つと認定した人に資格が付与されます。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

※内容は、下記のスパイスに関係した知識が問われます。

スパイスと歴史 スパイスの原産地 スパイスの効果、作用

スパイスの種類、分類 スパイスの特徴、利用方法 スパイスを料理に用いる

資格を取るとどんな仕事ができるの?

いま人気のスパイスを使ったアジア料理やカレー、らーめん、パスタ、パン、オーガニック、等のレストランで資格を活かし働くことができます。最近はスィーツにもスパイスを入れるそうですので、幅広い分野で活かせそうですね。また食品メーカーや香辛料メーカの商品開発の場でも役立てることができます。スパイスの効能を活かした料理の提案も行うことが出来るので、料理教室の講師の方も資格取得しているようです。また、セミナーやカルチャースクールでスパイス香辛料アドバイザーとして講師活動が出来ます。

まとめ

スパイスが大好きで、さらにスパイスの体質改善や風邪予防などの効果を知るために資格試験を受ける方もいるようです。資格取得で得た専門的な知識で的確にスパイスを生活に取り入れ健康的な生活も送れるようになり、飲食や食品業界での仕事でスキルアップもできますし、日常生活にも役立つ一石二鳥の資格です!「スパイス香辛料アドバイザー認定試験」に挑戦してスパイスのプロになりませんか!
スパイス  スパイス

資格通信教育ランキング

PAGE TOP