スポーツフード資格人気ランキング

近年ではスポーツで大きな成果を出すためにはトレーニングだけでなく食事の取り方も重要視されています。プロのアスリートだけでなくスポーツチーム所属の子供達にも効率の良い食事が求められるのでスポーツフードの分野はプロ・アマ問わず大きな発展を遂げています。そんなスポーツフードの正しい知識を身に着けるために様々な資格も存在します。プロ向けの本格的なライセンスから日常の食生活向けの簡単な資格試験までたくさんありますので是非挑戦してスポーツ栄養学への知識を深めてみて下さい。

 

1位スポーツフードマイスター

スポーツフードマイスターはスポーツに必要な栄養を意識した献立やレシピに関する知識を持っている人に与えられる資格です。

スポーツフードマイスターの資格保持者は筋肉、脳を動かすためのエネルギー源、体を正常に動かすためのビタミンや水分などを考慮したバランスの取れた食事を提案しスポーツ選手に対して管理指導できることが証明されます。

スポーツフードの資格保持者は現在プロ団体だけでなくアマチュアや子供のスポーツチームにも需要があります。そのためスポーツフードマイスターの資格を取れば様々なスポーツの分野で活躍できる可能性が広がります。

受験方法はインターネットからの申し込んでインターネットによる在宅受験となります。受験料は10,000円で、試験は年に6回偶数月に開催されます。

 

2位アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターはスポーツ選手に必要な栄養素の知識と、実戦および健康維持に必要な食事の管理の仕方を提案出来ることを証明する資格です。

アスリート栄養食インストラクターには基礎体力アップのための栄養と食事、減量あるいは増量するために必要な栄養と食事、体調管理のための栄養と食事、試合直後および試合後などに必要な栄養を取り入れた食事への知識と提案が求められます。

アスリート栄養食インストラクターの資格を取得するとスポーツ栄養に関する講師活動が出来るようになります。

受験方法はインターネットからの申し込んでインターネットによる在宅受験となります。受験料は10,000円で、試験は年に6回偶数月に開催されます。

 

3位アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターは食材の持つ栄養素やスポーツ選手に必要な栄養素に関する知識と食事の取り方、スポーツ選手向けの献立の提案などが出来る事を証明する資格です。

アスリートフードマイスターの資格は3級、2級、1級と3段階あります。特に3級はアマチュアのスポーツ選手や一般人の健康を意識した食生活にも役立てる内容なので初心者でも挑戦しやすい資格となっています。合格率も85%と高めです。

2級はよりプロを意識した内容となっているので、資格保持者はプロのアスリートとの仕事にも役立てることが出来ます。ただし2級になると合格率35%と一気に難易度が上がります。

1級は完全にプロのアスリートが食事管理をするための知識と提案力が問われる内容となっています。そのため1級保持者はアスリートに対して食事のコーチングが出来ます。

受験の際は指定の開催地に行って受ける必要があります。試験の日程は階級や地域によって異なります。中でも都内の3級は月に8回程度行われているのでかなり受けやすい試験となっています。

 

4位スポーツフードスペシャリスト

スポーツフードスペシャリストはスポーツ選手が競技で活躍出来る体を作るための食事を提案出来ることを認定する資格です。

スポーツ選手にとって日々の食生活の中で効率良く栄養を摂取する事は必要不可欠です。スポーツフードスペシャリストはそれぞれのスポーツ選手の競技内容、性別、年齢に合わせた食事やサプリメントの摂取方法を提案できるスポーツフードの専門家としての知識が問われます。

またスポーツフードスペシャリストの資格保持者はスポーツをしている自分や家族の食生活改善や、栄養士やジムのトレーナーなどの仕事にも役立てることが出来ます。そのためスポーツフードスペシャリストの知識は一般人からプロのアスリートまで幅広く応用することが出来ます。

受験方法はまずスポーツフードスペシャリストを取り扱っているサイトで教材費と受験料を支払います。その後教材を使用してある程度在宅学習した後にネット上で受験します。合格すれば郵送で合格証を受け取れます。

 

5位スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーはプロあよびアマチュアのスポーツ選手が試合で勝てるための体を作るために必要な食事を提案できる事を認定する資格です。

スポーツフードアドバイザーには試合で活躍できる身体能力を養うための栄養の摂取方法と、本番で全力を出すための食事とスケジュール調整、激しい運動後の疲労回復や怪我を予防出来る強い体を作るための食事の提案などが求められます。

受験方法は日本能力開発推進協会が指定したカリキュラムを終了した後に在宅にて受験します。カリキュラムの履修と試験は全て在宅にて行います。受験料は5,600円ですが各サイトでのカリキュラム履修の費用が別途発生します。

 

資格通信教育ランキング

PAGE TOP