タロットカード

タロットカード・占い師資格人気ランキング

タロットカードとは、遊戯や占いに使用されるカードで起源は様々な説があるようですが、本当の発祥は不明です。1300年代とかなり古い記録があるようで、タロットカードの歴史は相当深いものです。現代でも性別や年齢を超えてとても人気のある占い方法です。地域によって、色々なやり方があるようですが、一般的なのは78枚のカードを使用して、そのカードに書いてある絵や絵の向きで占いの結果を解釈したりします。タロットカードを使って占いをすることができる「タロットカード・占い師資格」の人気ランキングをご紹介します。

1位 タロットカード占いインストラクター

日本インストラクター協会(JIA)が主催する民間認定資格の「タロットカード占いインストラクター」は、受験資格は特にないそうです。インターネットから申し込みができます。タロットカードの占い方は様々あって、どれが良いのか?と迷ったりもしますが、そんな不安を取り除いてくれるのがこの講座です。タロットカードの占い方や、カードの意味などを勉強できます。タロットカード占いは気持ちのコントールも必要です。まずは、自分で自分のこと占うようになれたら認定されるのが、この「タロットカードインストラクター」の資格です。毎日自分を占っていくと、さらなる占い力の向上が期待できることでしょう。

2位 スピリチュアルタロットアドバイザー

日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)と言う団体が主催している民間認定資格です。カリキュラムを経て、試験に合格したら「スピリチュアルタロットアドバイザー」として認定されます。最近、書店へ行くと色々なタロット占いの本を見かけます。中にはタロットカードや道具などもセットで販売されている親切な本もあります。それだけタロットカード占いが、人気があって、身近なものなのでしょう。タロットカードは、何か迷いごとがあった時に人から占ってもらうことにより、その迷いを受け入れることができる手段でもあります。アドバイスを聞いて、自分自身で占い結果を参考にして前向きに過ごしていければ良いことでしょう。ここで学ぶタロット占いは、スピリチュアルな精神に基づいて占い、体の五感を使って感じたことで、タロット占いをもっと深くかかわりを持つことが大切なようです。資格習得後はサロンや講師として活躍されている方もいます。

3位 タロットリーディングマスター

日本能力開発促進協会(JADP)が行っているタロットリーティングマスター。自分がプロのタロット占い師であることを証明する資格です。日本能力開発促進協会指定の通信講座にて全カリキュラムを修了した者が技能審査の対象となり、審査をクリアするとタロットリーティングマスターに認定されます。講座内容はタロットカードの歴史や基本知識。大アルカナや小アルカナについての基本知識。スブレドの基本などです。教材は資格のキャリカレこと、キャリアカレッジでベテラン占術師が総監修の教材です。アフターフォローも万全とのことです。タロットカード占いは意外とシンプルで占いをするにあたって氏名や生年月日など個人情報を使用しないので親しみやすさを感じます。タロットリーディングマスターになると、鑑定、執筆、アドバイザーなど収入になる仕事の幅が広がる可能性もあります。

4位 タロットリーダー・インストラクター

一般社団法人タロットリーダー協会(TRA)は、東京都渋谷区にあるタロットリーダーとタロットリーダー・インストラクターの養成とが行っている団体です。タロットリーダー・インストラクターはそちらで主催している民間認定資格です。タロットカード占いの技術だけでなく、それに関わる人間力やコミュニケーション力も育てていきます。TRA認定養成講座を受講後、TRA認定タロットインストラクター試験を受験し合格することが必須です。教養があり、豊かな心を持ったタロットリーダー・インストラクターが目指せます。
タロットカード占い  タロットカード占い

資格通信教育ランキング

PAGE TOP