トリマー資格人気ランキング

近年猛烈な需要の高まりを見せるペット業界でなくてはならない存在のトリマー。今回はトリマーに関わる人気資格を集めてみました。

1位 ペットトリミングアドバイザー

ペットトリミングアドバイザーは日本生活環境支援協会(JLESA)が認定している資格です。小型犬から大型犬、カットが難しいとされるプードルやシーズー、猫に至るまで、種別のトリミングに関する技術を持っていることを証明する資格になります。カットの知識だけではなく、バリカンやシャンプーなどの道具の使い方の知識も幅広く問われるので、決して簡単な資格ではありませんが、取得後はさまざまな場所で講師として活動できます。受験資格は特にないので、どなたでも受験可能です。受験料は10000円なので、この手の受験費用としてはリーズナブルなのではないでしょうか。申し込みはインターネットから応募でき、在宅での受験なので自分のタイミングで受けられるのも嬉しいですね。二ヶ月毎に試験を実施しているので、しっかりと準備した上で、すぐに受験可能できます。トリマーとしてだけではなく、アドバイザーとしても活動してみたい方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

2位 トリマー開業インストラクター

トリマー開業インストラクターはインストラクターの資格ではおなじみの日本インストラクター協会(JIA)が認定している資格です。この資格はトリミングに関する知識はもちろんのこと、トリマーとして開業するためにはどんな準備が必要か、売り上げや顧客情報の管理方法、よりお客様が満足できるサービスの展開の仕方など、トリマーの開業後の具体的なアドバイスが可能かどうかなども問われます。資格取得後はトリマー開業インストラクターとして、スクールや自宅で講師として活動できます。受験資格は特にありません。受験料もペットトリミングアドバイザーと同様10000円で受験可能なのはいいですね。インターネットからの申し込みで在宅受験という点も同様です。合格ラインは70%なので、決して簡単な資格ではありませんが、その分資格としての価値は高いと言えます。試験も2ヶ月毎に実施されていますので、自分の受けたいタイミングで受援できるのはメリットです。自分でトリマーのお店を持ちたい方、ペットトリミングアドバイザーを取得し、さらにトリマーとしての知識を広げたいと考えている方は、ぜひ受験してみてください。

3位 ドッグトリマー

ドッグトリマーは、ペット犬の美容や健康に対して的確なアドバイスができる方に与えられる資格で、一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)が認定しています。トリマーと聞くと、美容師・頭のカットをイメージすることがほとんどだと思いますが、犬の場合は顔まわりだけではなく、全身の毛をカットすることになります。そのため、全身の毛をカットするのに加え、カットと同時に健康状態もチェックしなければならないので、獣医学などの基本知識も必要になるのです。ペットとして犬の需要が非常に高まっているので、ドッグトリマーはこれからもより人気の資格になること間違いなしです。資格を取得するためには、JCSA認定校においてドッグトリマー養成専門講座を修了した上で、認定試験に合格しなければなりません。ペットトリミングアドバイザーやトリマー開業インストラクターに比べるとハードルが高い資格に感じられるかと思いますが、トリマーとしての最も基礎的な知識を身につけるためにはぜひとも持っておきたい資格でもあります。ドッグトリマーの資格取得後はさらにインストラクター資格が三段階用意されているので、よりスキルを磨きたい方はこちらにもチャレンジすることをおすすめします(事前に実技での単位取得が必要です)。なお、認定校の一つである日本ケンネルカレッジでドッグトリマーとインストラクターの資格を取得すると、動物取扱責任者としての登録も可能になります。動物取扱責任者とは独立・開業に必要な資格なので、自分のお店を持ちたい方はここまで視野に入れておきましょう。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP