ドライフルーツ

ドライフルーツ製法インストラクター口コミ評判

どんな資格?

ドライフルーツ製法インストラクターとは、ドライフルーツが含んでいる栄養素や健康効果などの知識を有していて、さらに様々な製法で作れる技術を持つ人に認定される資格です。
具体的には、生の果物の切り方から乾燥方法、そこからオーブンを使うか天日干しするかや、無添加製法に関しても知識が必要になり、さらに作った後の保存・加工方法も熟知していなければなりません。
この資格を取得した後は自宅やスクールで講師活動も可能になります。

ドライフルーツを習慣にしたい方や、手軽に自宅で作ってみたい方などに人気がある資格です。

フルーツだっけ?聞いたことないものも

ドライフルーツといえばアップルやマンゴー、いちごなどが人気がありよく食べられていますが、他にも知ってほしいものはたくさんあります。
例えば干し梅なんかはもしかしたらドライフルーツの中では一番食べられているものかもしれませんね。梅だって木になるので立派なフルーツです。

ショウガなどもドライフルーツとして売られていますが、専門店の方お墨付き!お湯や紅茶に入れていただくのが身体も温まり本当におススメです。
他にカシスやチェリーなどは栄養面でも優れているので特に女性に大人気です。
カシスは珍しい栄養素アントシアニンが多く含まれていて、ブルーベリー以上の美容効果があると評判の果物です。ドライフルーツ以外にもカシスの成分を配合していると表記のある健康食品も多くなりました。

そのような優しい食べ物を自宅で作れるのは魅力的ですね。

認定試験の申し込み方法

ドライフルーツ製法インストラクター認定試験は「日本インストラクター協会」が主催しています。
教える力を中心に、その技術があると認定してくれる協会で、他に「アロマライフインストラクター」や「園芸インストラクター」認定試験などが開催されています。

協会のホームページがあり、そこから申し込むので全国どこからでも受験が可能です。受験する際に必要な経歴・資格などは一切ありません。
受験場所はもちろん自宅。試験期間は5日間なので緊張せず安心して取り組めます。答案を提出して、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後です。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

ドライフルーツも通信講座で学べる

今では何でもネットで学べる便利な時代になりました。ドライフルーツの制作方法も例外ではありません。
ここでは一つスクールを紹介させていただきます。「諒設計アーキテクトラーニング」という通信講座のスクールに「ドライフルーツセレクターW資格取得講座」があります。
諒設計が提供する教材は初心者でもわかりやすいと評判なので、全くの未経験の方でも気軽にチャレンジすることができます。
卒業と同時にドライフルーツ製法インストラクターともう一つ「ドライフルーツセレクター」を取得することができるスペシャルコースというのも開講しています。
試験が免除されるので通常コースより少し値段は張りますが、絶対に資格を取りたい方にはおすすめのコースです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでもドライフルーツに興味を持っていただければ幸いです。
ドライフルーツ資格  ドライフルーツ資格

資格通信教育ランキング

PAGE TOP