ハウスクリーニング掃除

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験口コミ評判

「きれいな家は人を表す」という言葉を聞いたことがありますか。きれいに掃除されている家は、住んでいる人の心の余裕や整理されたスマートさを表します。

きれいに掃除されている空間と言えば、高級なホテルのスィートルームや老舗の旅館の一室などは、隅々まで掃除されていて、洗面所にも水あかもなく、床にもゴミ一つ落ちていません。そうして空間はわたしたちの気持ちを豊かにしてくれます。

きれいな家を嫌いな人はいませんが、なかなか自分の家をきれいにするのは難しく。年末にまとめて掃除しようかと思うと、まったく落ちない汚れを発見してしまい、どんな洗剤を使っていいのか分からずお手上げ状態になるといったことがよくあります。そこで今需要が非常に高く人気のお仕事が「ハウスクリーニングアドバイザー」です。

ハウスクリーニングアドバイザーは掃除のプロともいわれ、部屋の場所や特性に応じた効果的な掃除の方法を指導してくれます。

お掃除上手の方、掃除に関わるお仕事に既についている方も、「ハウスクリーニングアドバイザー」の資格に挑戦してみませんか。

「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」とは?

「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」とは、生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する団体「日本生活環境支援協会」が主宰している試験です。インターネットで申し込み、自宅で受験することができるため、全国どこでも会場まで足を運ぶことなく、自宅でゆっくりと落ち着いて受験できる、忙しい方や主婦にも人気の試験です。女性に人気の資格だそうです。また2か月に1回と開催数も多いので、失敗を恐れず何回でも挑戦できるのも人気の理由だそうです。

日本生活環境支援協会の説明によると、

ハウスクリーニングアドバイザーはプロの知識・視点を持ち、的確な判断やアドバイスが出来る掃除のスペシャリストです。プロとしての道具の扱い方、状態に応じた最適な掃除方法などの知識が一定水準よりあると認定された人に資格が付与されます。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

※内容は、下記のハウスクリーニングに関係した知識が問われます。

・ハウスクリーニングの意義、ハウスクリーニングの基本、ハウスクリーニングという職業、収支見込み・今後の展望、等

・用具と洗剤、用意したい道具と洗剤、プロの道具と洗剤とは、一般家庭の掃除道具とプロの道具、道具と選び方、掃除機/箒/ちりとり・てみ/雑巾/モップ/ブラシ/purmie ScouringSuck/スクレイパー/ケレン/スクイジー/スチールウールたわし/スポンジ/ハンディパット/デッキブラシ/スプレイヤー/バケツ/ドライバーセット等工具/カミソリ刃/バスタオル/ゴム手袋・軍手/延長コード/ゴミ袋/ラバーカップ/耐水サンドペーパー/脚立/高圧洗浄機/ジェットドライヤー/送風機/コードリール/ポリッシャー/スクラバー洗浄機/パウダーマシン/作業板、洗剤/漂白材/クレンザー/金属磨き剤/剥離剤/カーペット用洗剤/床

・廊下・階段、廊下・階段の掃除、等

資格を取るとどんな仕事ができるの?

ハウスクリーニングアドバイザーとして独立開業できます。掃除に悩む個人宅に行き掃除の指導をする方もいます。また、暮らしに関するセミナーやカルチャースクールで講師活動もできます。インターネットを用い相談を受けたり、コツを教えている方もいるようです。

またハウスキーパーや家政婦、掃除関係のお仕事をしていて、よりレベルアップするために資格取得する方もいるようです。

まとめ

きれいに掃除された部屋は心身の健康にも良いようです。カビやほこりからくるアレルギーやその他の病気を予防することができますし、掃除のコツを身に付け掃除や片付ける時間が少なくなり、ストレスも減り、脳が整理されるそうです。資格取得により自身の家の掃除の仕方も変わり仕事だけでなく日常にも役立っているという喜びの声も聞きます。あなたも「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」に挑戦して、「ハウスクリーニングアドバイザー」になりませんか!
ハウスクリーニング  ハウスクリーニング

資格通信教育ランキング

PAGE TOP