ファッション

ファッションの道で生きていく。ファッションデザイナーの資格を自宅でゲット!

いつの世も女性は綺麗でいたいもの。
女性の美と健康に対する欲求は男性が思っているよりももっと根源的なものです。
特に「美しくありたい」と願う女性が重要視しているのがファッション。
服飾系の専門学校が多いのも、ファッションの道で生きていきたいという人が多いからに他なりません。
競争相手も多い狭き門ではありますが、今からでも可能性はあります。
しかも、自宅で資格を取得してプロになれる可能性もあります!

自宅で始める服飾のプロへの道。

ファッションデザイナーというと、一般的にはファッションの専門学校に通って資格を取得したり、実技を講師から習うことで基礎を学ぶというのが正攻法として存在します。
しかし、OLを辞めてファッションデザイナーになりたい方のように、今から専門学校に通うのは時期的にも難しいという場合、道を諦めなければいけないように考えておられる方も多くいらっしゃいます。
そんな時に有効な選択肢が「通信教育」という方法です。
実はファッションデザイナーになるだけであれば、資格は必要ではありません。
自己申告制なので、今日から「私はファッションデザイナー」といえばファッションデザイナーということも可能です。
では、なぜプロになる人が資格を取得するのに必死になっているのかといえば、それは「仕事を取る」ためです。
これからファッションデザイナーになる人の場合、実績や受賞歴などといった「デザイナーとしての格」がありません。
多くのプロは実績を重ねることで仕事を獲得しています。
なので、実績のないデザイナーはまずスキルレベルが高いことをアピールするために資格を取得するんです。
資格を取得するための学習であれば専門学校に通う必要はなく、通信講座でしっかりと学習すれば問題なく取得できます。

ファッションデザイナーになるためにあると有利な資格とは?

ファッションデザイナーが取得しておくと便利な資格は以下の通りです。

・日本デザインプランナー協会 ファッションデザイナー

もちろんなりたい系統のデザイナーによって取得する系統は異なりますが、これらの共通するのは基礎力があれば資格を取得することが可能ということです。
デザイナーに必要なセンスも、これまでどれだけデザインを見てきたかということや、デッサンや色の仕組みの基礎を理解しているかということが前提として必要です。
逆に言えば、基礎ができていれば応用も問題なく行えるということです。
通信教育で学ぶのは全てに通じる基礎の部分です。
しっかりと基礎を学習し、資格を確実に取得しましょう。

自分の感性を磨くデザイナーという生き方。

基礎を学んで資格を取得すれば、あとは仕事を取って経験を重ね、実績を積んでいくだけです。
憧れていたデザイナーという職業は、決して簡単な道ではありませんが、デザイナーになることで夢を叶えることもできます。
自分の感性を元に、素晴らしいファッションをつくり、生きていく。
思い描いていたデザイナーへの道は、通信教育から始めましょう。

ファッションの先生になる資格「服飾インストラクター」とは?

通信教育では、ファッションデザイナーではなく、ファッションの先生になるための資格も取得することができます。
ファッションの先生になるための資格は日本インストラクター協会認定資格の「服飾インストラクター」。
資格を取得することで、カルチャースクールを開業したり、ファッションの講師として講演会に参加したりする活動を行えるようになります。
ファッションの道で生きていく別の形としての先生というスタイルも、人気が高く狭き門ではありますが、ファッションデザイナーよりは成功を納めやすいと評判です。
ファッションデザイナー  ファッションデザイナー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP