ファッション

ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

ファッション好きな人が行き着くところ、それは自分でデザインをしたい!つまりファッションデザイナーではないでしょうか。

多くの人の憧れの職業である一方、狭き門というイメージで、長い時間かけてようやく一部の人がなれるといった印象があるようです。

実はファッションデザイナーは、個人でブランドを持たなくても、企業やブランドには専属のアパレルデザイナーが何人もいます。そのブランドのコンセプトに沿ったデザインを手がけることもファッションデザイナーの仕事になります。その中でスキルを磨いていくことが出来るのです。フリーやインディーズとして仕事をとり活躍される方もいるのです。

ファッションデザイナーの活躍の場は多岐に渡ります。その中でスキルを磨き、そして個人として独立する方も多くいます。デザイナーに求められるのはファッションの基礎がしっかりしていて時代のトレンドを考慮しながら、形や素材などを決め、洋服を着る人やシーンに合わせて、またクライアントの求めるイメージのデザインが出来ることです。

ファッションデザイナーの道への一歩を着実に踏み出したい方にオススメなのが、「ファッションデザイナー認定試験」への挑戦です。すでにアパレル関係の仕事についている方や、とにかくおしゃれが好きな方など様々な背景の方に支持されている資格です。

「ファッションデザイナー認定試験」とは?

ファッションデザイナー認定試験とは、日本デザインプランナー協会が主宰している試験です。2か月に1回開催されていて、インターネットで申し込み、自宅で受験し、回答を返送する試験です。回数が多いので何回も挑戦できるという利点や、自宅なので焦らずじっくり考えながら受験でき、忙しい方でも好きな時間に受験できるので人気の試験となっています。

日本デザインプランナー協会の説明によると、

【ファッションデザイナー認定試験】

・ファッションの名称や形、機能面やデザイン等の知識を持ち合わせた人へ与えられる資格です。各種デザイン関係や服飾関係に広く需要があります。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準    70%以上の評価

※内容は、洋服、靴、帽子、付属品のデザインや種類に関する知識、体型、顔型との関係などの知識が求められます。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

資格は目に見える信用になります。デザイナーとして就職するときに有利になります。大手企業に所属すると20代の年収は300万円~400万円くらいが相場になるようです。またフリーランスとしてアパレルと契約し仕事をする方もいらっしゃいます。資格があると契約が取りやすくなります。独立開業して、成功されている方もいます。この場合の収入は幅があるようですが、成功すると千万を超える収入の方もいらっしゃるようです。また靴や帽子などやファッションの幅広い分野でデザイナー活動ができます。またデザイナー以外にもまたアパレル関連の仕事に就くときにも有利だそうです。ファッションに関しての正確で幅広い知識を持っているので販売員としても的確にお客様に対応することができるようになったという意見も聞かれます。

まとめ

すでにアパレル関係の仕事についている方でスキルアップしたい方、おしゃれが大好きでファッション関連の仕事に着きたい方、そしてファッションデザイナーとしてお仕事を始めたい方、きちんとした知識を身につけることができることができ、信頼につながる「ファッションデザイナー認定試験」を受験して資格を取得して夢に一歩近づいてみませんか!
ファッションデザイナー  ファッションデザイナー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP