フルーツ資格人気ランキング

果物が大好き!という人はよく聞きますが、果物の旬や産地、栄養素について正確に把握している人はどれだけいるでしょうか。近年、果物を毎日摂取すると肥満や生活習慣病が予防できることから、もっと積極的に食べようという動きが高まっています。意外と知らないことが沢山ある果物ですが、これから飲食関係や美容業界、健康に関わる仕事で果物の知識が問われる機会が増すと考えられます。知識があれば仕事だけでなく、自分の生活にも役立ちますね。そんな果物に関わる資格が色々ある事はご存知でしょうか?誰でも受験できるものから、しっかりと講座を修了してから挑むものまでありますで、自分に合った資格を選ぶ事ができますよ。果物が好きで趣味から始めようという人はもちろん、今の仕事に活かしたい、将来は自分で料理教室を開きたいという人まで、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位 オーガニックフルーツソムリエ

数ある果物資格の中で一番人気に輝いたのが、日本安全食料料理協会主催のオーガニックフルーツソムリエです。安全や環境への意識はこれから先も高まる一方でしょう。果物においても例外ではなく、オーガニックフルーツは安心して口にできるとして人気があります。

この資格では、果物の歴史、選び方、保存方法、栄養成分や薬効成分、種類と特徴、料理のレシピに関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、オーガニックフルーツソムリエとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。受験資格は特にありませんので、興味があれば誰でもチャレンジできます。受験料は10,000円で、受験申請はインターネットから可能です。在宅受験なので緊張せず落ち着いて取り組めそうですね。日本安全食料料理協会のホームページでは、オーガニックフルーツとはどういうものを指すのか、果物にはどのような種類があるのかが掲載されています。分かりやすく説明されていますので、ぜひご覧くださいね。

2位 果物インストラクター

日本インストラクター技術協会主催のこの資格は、果物インストラクターとして、果物のカロリーや栄養成分、旬の果物、各都道府県で生産される果物に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、果物インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。こちらも受験資格は特になく、受験料も10,000円とお手頃です。協会のインターネットから受験の申込みができ、在宅受験が可能です。協会のホームページでは、果物の旬についての説明が掲載されています。現代は温室栽培や輸入などによって、季節に関係なく購入できる果物が多いので、旬を忘れがちです。しかし、旬の時期には栄養価が高まりますし、旬を意識して食べると季節感も楽しめますね。知識があれば普段の買い物でも選び方に差が付きそうです。

3位 フルーツ検定

フルーツ検定実行委員会主催、企画運営は日本出版販売のこの検定は、初級と中~上級に分かれています。受験料は初級4,600円、中~上級は5,700円、併願は9,000円です。インターネット割引がありますよ。検定では果物の栄養知識や旬、保存方法やカッティングのコツなど、普段の生活に役立つものから豆知識まで、幅広い知識が問われます。検定試験は東京・名古屋・大阪で行われ、公式ホームページでは初級、中~上級の練習問題もできます。力試しにやってみると面白いですよ。

4位 ベジタブル&フルーツアドバイザー

一般財団法人日本能力開発推進協会主催のこの資格は、在宅受験で合格すれば取得できます。但し受験資格が「指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者」となっており、「資格のキャリカレ」で講座を修了しなければ受験ができません。

キャリカレの講座では、品目・品種、旬、栄養、保存方法などの基礎知識から調理法や健康・美容への生かし方まで学べます。また野菜・果物を魅力的に伝えるテクニックや具体的な活動ノウハウまで身につけることもできます。毎日の暮らしに活用できるほか、料理教室の開講やセミナー講師、食品・飲食関係の仕事にも活かせる内容です。

フルカラーテキストは豊富なイラストや図解でわかりやすく、初めて学ぶ人にも安心の教材となっています。映像講義では野菜・果物を魅力的に伝えるためのテクニックが学べる実践的な講義が収録されていますので、料理教室やサロンをはじめたい人にはピッタリですね。

なんと、キャリカレでは、学習中わからない事があれば、何度でも専任講師に質問できますよ。郵送、FAXだけでなくスマホからでも手軽に質問できるのは嬉しいですね。学習の進捗までサポートしてくれるので、いつ受験したらよいか等もアドバイスがもらえます。最後まで安心して受講できるのは心強いですね。

 

いかがだったでしょうか。普段スーパーでなにげなく買っている果物ですが、知識があるのとないのとでは選び方にも差が出ます。資格があれば周りからの信頼度も違いますし、もし果物について勉強しようと考えているなら、資格取得まで視野に入れて始めてみてはいかがでしょうか。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP