心理

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験口コミ評判

職場や学校でのストレス、また相次ぐ災害などで、いま現代人の抱えるストレスは過去最高のものとなっています。ストレスを軽減するために重要な役割を担う心理カウンセラーがいまだかつてなく求められています。

心理カウンセラーの仕事に関心のある方にオススメなのが、「メンタル心理ヘルスカウンセラー」の資格です。「メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験」で資格を付与されますが、試験合格までに、心理学の基礎知識から学ぶことができ、心理的ストレスが招く症状や、その要因、回復するための治療法を学ぶことができます。生活で心理学を役立てたい方、プロのカウンセラーを目指す方に支持されている資格です。

また実務経験がなくても受験することが出来るので、今まで医療や福祉とは別の業種にいて、これから新たに心理カウンセラーに挑戦したいという方にもオススメです。

「メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験」とは?

「メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験」とは、心のケアを中心とした技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関「日本アロマメディカル心理セラピー協会」が主宰している試験です。2か月に1回偶数月に開催されていて、インターネットで申し込み、自宅で受験することができます。開催数も多く、自宅で好きな時間に受験できるので忙しい社会人の方に人気の試験です。

日本アロマメディカル心理セラピー協会の説明によると、

メンタル心理ヘルスカウンセラーとは、心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っていると認定した人に資格が付与されます。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

※内容は、メンタル心理カウンセラーの基礎知識や心理的ストレスによる症状、心理的ストレスが招く特徴的症状、心理的ストレスの主な原因、回復するための治療法、治療に関して知っておくこと、外部的治療法、内部的治療法などの知識が問われます。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

独立・開業して心理カウンセラーとして働くことができます。資格取得により学んだ知識を活かして、メールや電話を使った在宅カウンセラーも出来ます。在宅カウンセラーは副業の中でも人気が高いようです。企業のセミナーやカルチャースクールでメンタル心理ヘルスカウンセラーとして講師活動も出来ます。福祉施設や介護施設、子供たちの支援施設などでも資格を活かしはたらくことが出来ますし、スキルアップのために資格取得する方もいるようです。また、異種の仕事をしていた方でも話しを利くのがとても上手だと周りに言われ自分の才能をなにかで活かせないかと考えて、この資格に挑戦した方もいるようです。結果、いままでの仕事の経験も活かしつつ心理学の知識も加え、新たな才能を開花させ、やりがいのある仕事を見つけた方もいるようです。

まとめ

この資格を通して自身や家族の心のケアの仕方も変わったという声も聞きます。心理学や心のケアに関心があり、心理カウンセラーを目指す方、また更なるスキルアップを目指す方に「メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験」の挑戦をオススメします!
メンタル心理  メンタル心理

資格通信教育ランキング

PAGE TOP