模型

モデリングのプロになる!住宅デザインを支える建築模型のプロの資格を通信教育でゲット!

心地よい住まいをデザインする建築のプロといえば建築デザイナーですが、建築デザイナーがデザインした図面の模型を作り、実際の住宅をイメージするためのお仕事「建築模型士」はご存知ですか?
住宅は高い買い物なので、多くの人が一生に一回くらいしか関わらないものです。
高い買い物をする際には、やはり慎重に物事を進めるのが一般的ですが、建築の場合はデザインされた図面を元に模型を作り、施主様に確認してもらうという場合があります。
模型でイメージが具現化するので、分かりやすさと説得力がますと評判で、建築業界を支える重要なな仕事でもあります。

建築業界を支える「建築模型士」という仕事

建築模型士は住宅やマンションなどの建築物件の模型を作るお仕事です。
模型は、住宅模型・スタディ模型・展示用模型などの種類があり、それぞれで利用目的が異なります。
住宅模型は、住宅を販売する際に作成する模型で、お客さんに具体的な建物のイメージを伝えるために作成する模型です。
スタディ模型は、実際の図面の確認用に作られる模型になり、外観や建物の収まりなどを確認するために作る模型です。
展示用模型は、その名の通り展示用に作成される模型で、完成した建築物そっくりにもしたリアリティのある模型です。
これらの模型を用途別に作成するのが建築模型士の仕事です。

これからの時代の働き方「在宅ワーク」を実現する資格をゲットする

建築模型士になるためには資格が必要ですが、資格は通常スクールに通って取得します。
しかし、建築模型士になるための資格を取得するスクールはあまり多くないので、スクールに通って取得するよりも、通信講座で取得する方がおすすめです。
通信講座だと、自宅で、自分の好きな時間に学習をすることができますので、集中して資格取得のための学習に取り組むことができます。
また、建築模型士の仕事は基本的に図面から模型を作成する仕事なので在宅での仕事形態も可能なお仕事です。
自宅で行う仕事に慣れるという意味でも、在宅で学習を行う通信教育とは相性がいいです。

通信教育でチャレンジする「実践建築模型認定試験」について

通信講座でチャンレジする試験は「実践建築模型認定試験」になります。
実践建築模型認定試験は少し変わっている形態で、建築模型を「第3者に対するプレゼンテーション」する試験になります。
試験では実務における建築模型の知識と製作技術の確認はもちろん、プレゼンテーション能力も問われます。
実際の実務では使わない技能ですが、資格取得のためにプレゼンスキルを磨く講座も用意されていますので、試験本番に向けて最適な学習を行うことができます。

通信講座で取得できる「建築模型技工士インストラクター」とは?

取得できる資格は、日本インストラクター協会認定資格の「建築模型技工士インストラクター」。
建築模型士の仕事を行えることはもちろん、資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行うことも可能です。
在宅での仕事と講師活動はとても相性も良く、安定した収入を確保することができるバランスのいい組み合わせです。
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

資格通信教育ランキング

PAGE TOP