ヨガ資格人気ランキング

気軽に行うことができ、効果も高いと近年爆発的な人気を博しているヨガ。実はルーツを辿ってみると非常に複雑で種類も多いんです。そのため、一言でヨガといっても種類や実践方法、効果などはたくさん分かれていて、それらを効果的にエクササイズに取り入れるのは専門的な知識が必要になります。今回は、そんなヨガを学びたい人向けに人気のヨガ資格をランキングにまとめてみました。

1位 美ヨガライフセラピスト

美ヨガライフセラピストは日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定している資格です。この資格を取得するためにはヨーガストーラやアシュターンガなどについての正しい知識や哲学的な考え方も理解しているかどうかも有している必要があります。受験資格は特になく、誰でも受験することが可能です。受験料は10000円なので、とてもリーズナブルです。受験の際はインターネットから申請を行い、受験は在宅で実施します。合格ラインは7割で、2ヶ月ごとに試験が実施されているので、しっかりと準備できてから自分の都合の良い日時でチャレンジしましょう。資格取得後はセラピストとして、幅広い仕事に活用できます。

2位 美ヨガライフインストラクター

美ヨガライフインストラクターはインストラクターの資格ではおなじみの日本インストラクター協会(JIA)が認知している資格です。ヨガの歴史や、呼吸法、食事法、効果的なグッズ、ポーズの基本など学術的知識および実践的な知識を有していることが証明される資格で、資格取得後はスクールの講師としてやヨガ教室を開業するなどが可能になります。受験資格は特になく、どなたでも受験が可能です。受験料は10000円、インターネットからの申し込みとなります。受験は在宅で行うことが可能なので、自分の都合の良い時間帯に受験できるのもこの資格の特徴です。合格ラインは70%で、2ヶ月ごとに試験が実施されています。事前準備をしっかりとした上で臨みたいですね。

3位 全米ヨガアライアンス

全米ヨガアライアンスとは1990年代にアメリカで設立された世界的にも非常に有名なヨガ協会です。高い次元のヨガインストラクターの輩出にちからをいれており、独自のカリキュラムでたくさんのインストラクターを養成しています。協会が認定しているヨガスクールや指導者から200時間、または500時間のコースを受講し、その後ヨガアライアンスに申請することで協会認定のインストラクターとしての資格を取得できます。この資格は世界70カ国以上の国で認知されている非常に価値のある資格で、日本でも数百名の資格取得者がいます。数百時間にもおよぶとてもボリュームのある講義を受けることになるので、とても大変そうに思えますが、日本にある認定校は初心者の方にもわかりや薄いように工夫されたカリキュラムを組んでしっかり着実に合格へと導いてくれます。本格的にヨガインストラクターとして活動したい方には最適な資格なので、本気でヨガを学びたい方はぜひチャレンジしてみてください。

4位 AJYAヨガインストラクター

AJYAヨガインストラクターは一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)が認定している資格で、ヨガインストラクターのスペシャリストを育成するために設けられています。1級のシニア、2級のアドバンス、3級のマスターの三段階が用意されています。はじめは3級のマスターコースを協会が認定しているスクールで受験し、合格後は認定校にて2級を受験します。合格後は1級を協会の銀座本校にて受験することで、もっともランクの高いシニアインストラクターとしての称号が与えられます。シニアインストラクターになるまでの道のりはなかなか厳しいですが、そのぶんチャレンジしがいもある資格です。受験料は3級からそれぞれ、10000円、20000円、30000円となっており、この他に合格時の認定料が別途かかります。ヨガスクールの独立開業を目指す方は、ぜひシニア目指してトライしてみてはいかがでしょうか。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP