レジン

レジンアクセサリークリエイター口コミ評判

レジンで思うままに作品制作できるスキル

この資格は、レジンの基礎から理解して、様々な形を作るための手法をマスターして、尚且つアレンジも加えることができる腕前の人に認定される資格です。
レジンを人に指導できるくらいの技術を身に着けたいという方に人気の資格です。今まで作っていたけれど自分の力はちゃんとした知識から出来ているか腕試しで受験する方も。

気になる試験内容は?

レジンアクセサリークリエイター認定試験では、このような内容が出題されます。

・イヤホンジャックや写真入りのアクセサリー制作方法
・様々な材料を使ったレジン
・立体的な造形で作る方法
・実際に自分でアレンジを加えて制作 etc…

など、想像力が問われるものから基礎をしっかり学ばないといけないものまであります。

レジンアクセサリークリエイター認定試験の受験方法

この試験は「日本インストラクター協会」という団体が開催しています。ここは教える力を中心としたスキルが一定以上あると認定してくれる団体です。
他に「ホロスコープインストラクター」や「苔玉作りインストラクター」認定試験などを開催しています。

認定試験はホームページからの申し込みのため、全国どこからでも受験することができ、試験会場も自宅のため落ち着いて実力を出し切ることができます。
5日間の試験期間を終えたら答案を提出します。合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

そして合格することができたら、有料ですが合格認定書や認定カードを発行することができます。
郵送で自宅まで届きますので、資格を形に残しておきたい方は利用してみてはいかがでしょう。

レジンを自宅で本格的に学ぼう

最近ではアクセサリーを作ると言ったらもしかしてレジンで?と声が多いほど人気が上がってきました。
挑戦してみたいけどどこで習えばいいのか、初めから自己流でやって変な失敗・覚え方をしてしまったらどうしようと不安な方もいらっしゃると思います。
そんな方は通信講座を利用してみてはいかがでしょうか。

「諒設計アーキテクトラーニング」という最近雑誌などのメディアに載っている通信講座があります。
そのスクールが開催している講座の一つで「レジンアートデザイナーW資格取得講座」という名のものが。
ここの教材は予備知識なしの完全初心者から始められると評判の良いところで、最短二ヶ月で卒業(資格取得)することができます。

通常コースより少し値段は上がりますが、諒設計オリジナルのスペシャルコースでは、卒業課題を提出すると同時に上記の認定試験が免除になり、自動的に二つの資格を取得できるという内容のものも。
取得できる資格は、もちろんレジンアクセサリークリエイターともう一つ、日本デザインプランナー協会主催の「レジンアートデザイナー」を手に入れることができます。
時間がない方や確実に資格を取りたいという方に特におすすめのコースです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでもレジンアクセサリークリエイターに興味を持っていただければ幸いです。
レジンアクセサリー  レジンアクセサリー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP