レジン

レジンアートデザイナー口コミ評判

どんな資格?

レジンアートデザイナーとは、自分のイメージしたものを形にすることができて、自分の想像通りのデザインでオリジナルレジンが作れる技術がある方に認定されます。もっと自分のスキルを高めていきたいと思われる方に人気の資格です。

試験内容を一部紹介!

レジンアートデザイナー認定試験では、このような内容が出題されます。

・レジンを作るための基礎、UVレジンとは?
・フレームを使った基本のテクニック
・作品をアクセサリーにする方法
・文字入りや様々な物をモチーフにしたレジンの作り方 etc…

など、レジンの制作に関する知識が主となります。特別時間を設けて勉強しなくても、数年作り続けている人ならば簡単に合格出来てしまうかもしれませんね。

認定試験は「日本デザインプランナー協会」主催

この団体は、デザインに関する技術を中心に、各スキルが一定以上あることを認定する協会です。
ほかに、「キャンドルデザインマスター」や「鉛筆デッサンマスター」といった24種類の認定試験を開催しています。

レジンアートデザイナー認定試験の受験料は消費税込みで10,000円。
ホームページから申し込めるため、全国どこからでも受験することが出来ます。
もちろん受験場所は自宅。期日までに解答用紙を提出し、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

試験は二ヶ月間隔で実施されているため、無理なく受験することができます。

副業にもピッタリ!レジンアート

ハンドメイドの通販・スマホアプリを閲覧したことがありますでしょうか。
私はよく眺めているのですが、ここ数年でグッとレジンを使ったアクセサリーやモチーフの販売が増加しました。特に宇宙や空をイメージしたものが多いですね。見るたびに欲しくなってしまいます。
レジンは比較的安価で始められ材料も100円ショップですべてそろうこともありますので取っつきやすい趣味です。学生の方でもたくさん作って販売してるという人もいます。

もしレジンを使ってサイドビジネスをはじめたいのならば、基礎からしっかり学ぶことをおすすめします。
街中ならば教室もあるかもしれませんが、近くで習えるところがなかったり自宅でひっそり勉強したい方は通信講座を利用するのも一つの手です。
レジンアートデザイナーの対策をしている通信講座もありますので、資格まで取っていっそのこと本業にしたい!などお思いならば是非選択肢に入れてください。これからの作品制作にも役立ちますよ。

試験に合格した方の口コミ

「レジンが流行りだしてから私も挑戦してみました。
ただの趣味で始めたものがまさか資格取得までたどり着けるとは思いませんでしたが、練習でたくさん作品を作っていた時は目標があったので楽しく続けることができました。
これからも習ったこととアレンジを混ぜつつ新しいものを開発していこうと思います」

趣味をスキルアップさせ一層完成度を上げようと努力している人はとてもカッコいいと思います。もっと多くの方が自分の時間を好きに使ってほしいですね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでもレジンアートデザイナーに興味を持っていただければ幸いです。
レジンアクセサリー  レジンアクセサリー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP