手紙の書き方

レターライティングマスター口コミ評判

どんな資格?

レターライティングマスターとは、美しい言葉や言葉遣い、季語、敬語などの持つ意味や効果を理解し、手紙を書く際にそれらを実践でき、人に喜ばれる手紙を書く事が出来る知識がある方に認定される資格です。
資格を取得した後は手紙や文の使い方を自宅やスクールなどで教えることも可能です。
正しい言葉遣いや敬語の使い方を学びたい方や文章が苦手な人に特に人気のある資格です。

レターライティングマスター認定試験の受験方法

この試験は、デザインの技術を中心としたスキルを認定する「日本デザインプランナー協会」という団体が開催しています。
他に「ホームページWEBデザイナー」や「空間ディスプレイデザイナー」などの認定試験を開催しています。

レターライティングマスターの試験はホームページからの申し込みのため、全国どこからでも受験することができ、試験会場も自宅のため落ち着いて実力を出し切ることができます。
5日間の試験期間を終えたら答案を提出します。合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

そして合格することができたら協会のホームページから合格認定書や合格認定カードを発行することができます(有料)
お金は掛かってしまいますが、せっかく取得した資格を形に残しておくことは何よりの証明になりますので大事だと思います。

人と関わるうえで必要不可欠な「言葉」

今の時代、手紙を直接送ることは少なくなりましたが、それでもまだ現役で使われているもので、代用としてメールが使われることもありますが内容は手紙で書く文と変わりません。
手紙や文を書き始めるたびに正しい言葉をひとつひとつ調べながら書くのは大変です。
そのため昔から手紙に馴染みが無かった、現在新卒で入社する方は取引先に贈る文章に苦労されるかもしれません。

私生活でもわかりやすい言葉を使えるようになったり、思いやりのある言葉がすっと出てくればどんなに楽かと思ったことはありませんか?
例えば、アーティスト・漫画家に送るファンレターなどは簡潔に自分の感想や感情を伝えることが大切です。

資格を取得した方の口コミ

「昔から手紙を書くのが苦手だったのですが、会社に入ってから頻繁に取引先に送る文章を書かなくてはいけなくなりました。
これからも使う物ならいちいち調べるのも面倒なので、一から勉強してやると思い文章について沢山本を買い学びました。その結果合格することができて文章を考える時間もグッと短くなり会社の皆にも教えてくれと頼られるようになりました。
資格を持っていれば特技だと言うこともできるので、やはり取って良かったです」

やはり資格は大きな武器になりますね。手紙で使う文章は一見難しいものに思えるかもしれませんが基礎を覚えてしまえば実はそうではないのです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。手紙は企業間の潤滑油にもなり、とても大事なものです。
この記事を読んでいただいて、少しでもレターライティングマスターに興味を持っていただければ幸いです。
手紙の書き方  手紙の書き方

資格通信教育ランキング

PAGE TOP