空間

人を魅了する空間作りのプロになる。空間デザイナーになる資格は通信講座でゲットしよう!

百貨店などで季節ごとに移り変わるディスプレイに目を奪われることはありませんか?
街歩きを趣味にしている人は結構多く、注目のディスプレイデザインには多くの注目が集まります。
そんなディスプレイを作成する仕事がディスプレイデザイナーという仕事。
今注目を浴びる人気の職業ですが、ディスプレイデザイナーになる資格は通信講座で取得できるんです。

ディスプレイデザイナーの資格は通信講座で取得する。

ディスプレイデザイナーになるための資格は通信講座で取得することができます。
通信講座では通常のスクールとは異なり、用意されたカリキュラムを自分のペースで学習し、ディスプレイデザインの基礎を学ぶことができます。
配置や配色といったデザインの基礎から始まり、プロで活躍する現役のディスプレイデザイナーとのオンラインチャットなど、基礎を学ぶだけでなく実践に即したスキルを身につけることが可能です。

通信講座を利用するメリット

通常のスクールではなく、通信講座をオススメする理由は幾つかあります。
まずは自分の好きな時間に勉強することができるという特徴です。
通信講座では、スクールにように決まった時間と場所で行う学習ではありません。
そのため、自分が好きな時間に好きなだけ学習に取り組むことができます。
また、移動が必要ないので、その分の移動時間と交通費が必要ありません。
忙しくて時間がない人にぴったりな学習スタイルです。
また、スクールの場所を確保する必要がないため、講座を維持する固定費が必要ないので、その分講座にかかる費用を安く抑えることができています。
低コストで自由な時間配分ができる通信講座はオススメです。

取得できる資格「空間ディスプレイデザイナー」とは?

通信講座で取得できる資格の「空間ディスプレイデザイナー」は日本デザインプランナー協会の認定資格です。
デザイン業界で活躍するためには必要な資格ともいえる日本デザインプランナー協会の認定資格は取得する価値の高い資格の一つです。
資格取得後は、デザイン会社に勤務してディスプレイデザイナーとして活躍できるということはもちろん、デザイナー見習いの生徒を集めてスクールの講師をすることも可能です。
また、実績を積んでデザイナーとしての人気が出て来れば、フリーランスとして独立することも可能です。

デザイナーとして活躍できる夢を掴む。将来は独立も。

将来はデザイナーになりたいと夢見る人はかなり多く、実際にデザイナーとして第一線で活躍できるのはごく一部です。
でも、デザイナーは完全実力主義なので、センスを持って実績を積むことができれば、業界内でも高い位置にランクすることも可能です。
デザインの基礎は、通常生きていく上での必要はあまりないと思われがちですが、活躍しているデザイナーはジャンル問わずデザインに対する感性を磨き続けています。
なので、中途で始めたデザイナーであっても、資格があることでスタートラインに立つことができるのも大きな特徴です。

小さな頃からの夢を掴み取るために通信講座を活用して資格を取得しましょう!
空間デザイン  空間デザイン

資格通信教育ランキング

PAGE TOP