shikakutoru

住まいアドバイザー認定試験口コミ評判

やっとマイホームを手に入れたのに、手抜き工事などの欠陥住宅で、その修復費用が膨大になってしまい、家のローンもまだ残っているのにさらに出費が重なるという恐ろしいニュースをよく聞きます。一般的に、何かおかしいということで買ってから調べてもらい、欠陥に気付くということが多いと言われています。それでは遅いので、マイホームを建てる時には、木材の種類や耐震性について、第三者的な見方のできる、信頼できる住宅のプロにも相談することが勧められています。木材や住宅設備など専門的知識がないと分からないため、何を施工側に質問したらいいのかもわかりませんが、専門家のサポートがあれば安心です。そこで今注目されていて、とても需要が高いのが、「住まいアドバイザー」です。素人では判断できないことが多いため、専門家からの助言は大いに役立つようです。

優秀な住まいアドバイザーにあなたもなって適切なアドバイスを与えて、クライアントを助けませんか。生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する団体「日本生活環境支援協会」が主宰している試験「住まいアドバイザー認定試験」に合格するとその資格を取ることできます。

「住まいアドバイザー認定試験」とは?

「住まいアドバイザー認定試験」とは、日本生活環境支援協会の説明によると、建物及び建築材料に対する一般的な知識、また住まいの視点見た鑑定、判断能力があると認定した人に資格が付与されます。建物及び建築材料に関する一定以上の知識を持ち、住まいの視点から建物全体を鑑定・判断する能力を持ち合わせた人へ与えられる資格です。建築業界はもちろん、不動産業などに対しても需要があります。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

この試験はインターネットで申し込み、自宅で受験することができるため、遠い会場まで足を運ぶことなく、自宅でゆっくりと落ち着いて受験できるので忙しい方にも人気の試験です。また2か月に1回と開催数も多いので何回でも挑戦できるのも人気の理由だそうです。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

建築を大学などで学んでいる方が更なる就職の強みや、こだわりの家づくりに携わるために資格取得する方も多いようです。

工務店、設計事務所、建築会社、ハウスメーカーなどに勤めている方が更なるスキルアップのために受ける方もいるようです。

家具の企画、製造、販売、インテリアや空間デザインにも役立ちます。

また、建築業界や不動産業界でも資格が有利になります。クライアントの要望に的確に答え先に述べた、家を購入する前のアドバイスを行うことができ、クライアントが増えたという喜びの声もあります。独立しセミナーで講師活動もできます。

まとめ

耐震補強からアスベスト問題やホルムアルデビドなど、住まいに関わる不安は年々増しています。素人では理解しきれない、どのような資材を用いたら安全なのかなど、施工側には遠慮してなかなか聞けないことも住まいアドバイザーには安心して相談できると、お客様にも評判が高いそうです。すでに建築業界にお勤めの方はさらに活躍の場を広げることができますし、アドバイザーとして相手の立場にたって相談に乗るコツも身に着けることができます。「住まいアドバイザー認定試験」への挑戦をオススメします!

資格通信教育ランキング

PAGE TOP