刺繍資格人気ランキング

たった1本の針と糸で様々なデザインを描く刺繍は、誰でもすぐ始められる身近な手芸のひとつです。小学校の家庭科で刺繍を習った人も多いのではないでしょうか。しかし刺繍と一口に言ってもその種類手法は様々です。簡単なステッチから装飾性の高い難しい技術を要するものまで幅広く、自分のレベルによって段階的にステップアップできるのが魅力の一つ。趣味で始めたはずが、いつの間にかすっかりはまってしまって、刺繍教室を開いたり作品展を開催する人も。そんな奥深い刺繍の世界ですが、資格があるのをご存知でしょうか?初心者でも気軽に挑戦できるものから、本格的にプロを目指せるものまでありますよ!人気順にまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

1位 刺繍アドバイザー

日本生活環境支援協会(JLESA)主催のこの資格では、フランス刺繍、ビーズ刺繍、リボン刺繍、コード刺繍、ターハンガー、ミシン刺繍、ニードルポイント、クロスステッチ、刺し子など、様々な刺繍の種類についての知識を有し、実際の指し方まで理解していることが証明されます。図案の書き方、刺繍を活かした作品の作り方、刺繍糸や針、ミシンなどの刺繍に必要な道具についての知識が得られ、資格取得を通して刺繍の種類や刺し方、必要な道具について人にアドバイスができるスキルが身に付きます。在宅受験ができるので、納得がいくまで家でじっくり勉強してから挑戦できるのが嬉しいですね。資格取得後は、刺繍アドバイザーとして自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。

 

独学で勉強するのに自信がなければ、通信教育の諒設計アーキテクトラーニングで、この資格に対応した講座があります。また、このスクールには通常の講座以外にもスペシャル講座というものがあり、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で日本生活環境支援協会主催の「刺繍アドバイザー」と、日本インストラクター技術協会主催の「刺繍クラフトインストラクター」の2資格が認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースですので、是非検討してみてくださいね。

2位 刺繍クラフトインストラクター

日本インストラクター技術協会主催の「刺繍クラフトインストラクター」資格では、フランス刺繍、クロスステッチをはじめとした様々な刺繍の種類や刺し方を理解し、実践できることが証明されます。それぞれの刺繍に適した針や糸のサイズ、糸の使い方、布やそのほかの道具に関しての知識が習得でき、自身でも構図や図案を考えたり、刺繍の柄や色合いによって適した作品や額縁を選ぶことができるようになります。資格取得後は、刺繍クラフトインストラクターとして自宅やカルチャースクールで講師活動ができます。

 

日本インストラクター技術協会のホームページでは、受験の申し込み方法や詳細だけでなく、刺繍の基礎となるクロスステッチについての概要が掲載されていたり、ランニングステッチ、アウトラインステッチ、サテンステッチなど刺繍の種類が色々と紹介されているので、これから刺繍について勉強したい人にとって楽しい内容となっています。受験の有無に関わらず、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

 

3位 戸塚刺しゅうの師範資格

戸塚刺しゅう協会主催の師範資格は、協会の初級・中級・上級の講座を受講し、その後の認定試験に合格することで取得が可能です。師範会員へ入会すると「戸塚刺しゅうの先生」として全国の教室で活動することができます。刺繍の経験がない初心者なら初級講座から始めることもできますよ。協会のホームページでは、戸塚刺しゅうの作品を見ることができます。かわいらしく素敵なデザインをみると、自分もいつかこんな作品を作ってみたい!と夢が膨らみますね。オンラインショップもありますので、すでに刺繍を始めている人も是非ご覧ください。

 

4位 日本手芸普及協会の刺しゅう師範資格

公益財団法人日本手芸普及協会主催の刺しゅう部門には、区限刺しゅう・白糸刺しゅう・ステッチ100の技法別にそれぞれ「本科」・「高等科」・「講師科」・「指導員」のコースがあります。3コースすべての指導員修了後、「師範養成講座」と「指導者のためのアドバンスプログラム」を修了すると、刺しゅう部門最高位の「刺しゅう師範」の資格取得ができます。

またこの協会では、刺しゅう部門の講師として活動できる「刺しゅう講師養成講座」があります。なんとこの講座を受講すれば技法別3コース(区限刺しゅう・白糸刺しゅう・ステッチ100)の講師資格を一挙に取得できます!通常各コースとも1年3か月かかるところを12か月に凝縮し、3コースすべての技術と知識をトータルに学びます。趣味として楽しみたい方から、指導者を目指す方まで幅広く対応できる特別な講座となっており、受講後協会に入会すれば刺しゅう部門の講師として活動することができます。師範資格を目指すには目標が高すぎる…とお悩みなら、まずこの講座から挑戦するのもいいかもしれませんね。

 

いかがだったでしょうか。刺繍の種類もさることながら、刺繍資格にもこんなに種類があるんですね。是非、自分に合った資格を見つけて、素敵な作品を生み出してくださいね。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP