和菓子

和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判

古くから親しまれてきた日本の菓子である和菓子。和菓子が誕生した背景には当時の人々の暮らしや時代、海外との関わりなど、歴史的な事柄も多分に含まれています。日本では古代の人が狩りの合間に木の実や果物を食べる様になった事が菓子の発端ではないかと言われています。遣唐使によって唐菓子が普及、ポルトガルによって洋菓子が日本にもたらされるなど、歴史的に大きな変動が起きた際に菓子も同じくして日本へともたらされ、独自の文化と混じり合いながら和菓子が完成していきました。
現在でも日常的な菓子として食されるほかにも、茶道や慶事事の際、季節など様々な場面で使われている和菓子をより深い部分から学ぶことが出来る和菓子文化コーディネーター認定試験をご紹介していきたいと思います。

資格を取るには

和菓子文化コーディネーターの認定資格を取るためにはJLESA日本生活環境支援協会が主催している和菓子文化コーディネータ-認定試験に合格しなくてはなりません。ここでは認定試験のプロセスについて説明をしていきたいと思います。JLESA日本生活環境支援協会のホームページを開くと和菓子文化コーディネーターの専用サイトを開いて下さい。専用サイト内にある受験申し込みボタンをクリックする事で受験申し込み専用ページへと行くことが出来ます。専用サイト内にある必要事項を記入すると、後日協会より必要書類が自宅などに届けられます。

自宅学習にて受験対策を行った後、試験期間内に送られてきた書類の中に解答用紙が同封されていますので、その用紙に回答を記入し、協会へ返信すると、1か月ほどで合否の判定結果が出ます。70%以上の評価を取る事で合格となり資格を取得できます。

取得しやすい環境

和菓子文化コーディネーターの認定資格に高い人気が集まっているのは受験をしやすい環境が用意されているからです。申し込みはインターネット、受験は自宅でも可能な在宅試験のため、好きな時、好きな時間に試験を始められるので、お仕事をされている方や小さなお子様がいらっしゃる方でも気軽に受験する事ができます。

人気の通信講座で受験対策

和菓子文化コーディネートの受験対策には効率よく学習する事ができる通信講座がおすすめです。単独講座も用意されていますが、JLESA日本生活環境支援協会主催の和菓子文化コーディネーターと、JSFCA日本安全食料料理協会主催の和スイーツセレクトマイスターのW資格取得コースも用意されていますので、もっとスキルを高めたいとお考えの人にも最適です。2つの講座はそれぞれ資格取得後は講師として活躍する事ができますので、和菓子の魅力を多くの人に講師として広めたいと考えている方にもおすすめのコースとなっています。

和菓子文化コーディネーターの口コミ評判

■茶道をしている事がきっかけで和菓子の魅力をもっと知りたいと思いました。
■おかきとあられの違いとか勉強の内容がとても楽しく学べました。
■時間が無くても勉強出来るようになっていたので、毎日片道1時間の電車時間が楽しかったです。
■学習内容が我が家で受け入れている留学生の生徒さんに日本の伝統菓子として和菓子を紹介する際にも分かりやすく伝えられ、私自身にとってもためになるものが多くありました。
■アルバイトで和菓子屋に努めています。お客さんに聞かれた時に使えるなと思える知識が沢山あってこれからのバイトが楽しみになっています。
まだ他にも数多くの先輩方の口コミや感想、評判が寄せられていました。口コミの内容をご覧になっていただければお分かりのように、身近な和菓子について学んでいく過程を楽しい、覚えやすいと感じていらっしゃった方が多かった様です。

和菓子には奥深い様々な歴史や文化があり、それらを多くの人へ伝える事で和菓子の更なる普及に役立つやりがいを得られるでしょう。また、後に開催される東京オリンピックに向けて語学勉強と並行して和菓子文化コーディネーターの勉強を行っていく事で、海外の人にもより魅力ある和菓子を世界中に広める事もできますので、自分自身の交流の和も広げる事ができるでしょう。
和菓子  和菓子

資格通信教育ランキング

PAGE TOP