和菓子

和菓子資格人気ランキング

1位 和スイーツセレクトマイスター

日本安全食料料理協会(JSFCA)が行っている民間認定資格。インターネットから申し込みができます。講座を修了後、在宅試験の合格で資格を認定されます。資格取得後は協会より「和スイーツセレクトマイスター」として認定書が送られてきます。和スイーツとは、和の食材を使ったスイーツのことを指しますが、ここでは、和菓子に関する知識も学べます。和菓子の道具や和菓子の材料、日本の郷土菓子に関する知識なども勉強できます。和風スイーツが好きな方、和菓子の文化や歴史に興味のある方、和菓子をもっと身近に感じたい方、和菓子を作って楽しみたい方に人気のある資格です。また、和スイーツや和菓子にかかわる仕事などをしている方にはスキルアップの資格の一つとして持っていると良いことでしょう。

2位 和菓子文化コーディネーター

和菓子文化コーディネーターとは、和菓子についての知識だけでなく、日本各地の郷土和菓子についての知識も有していることを証明する民間認定資格です。主催は日本生活環境支援教協会(JLASA)の民間認定資格。インターネットから申し込みができます。カリキュラムを経て在宅受験にて合格したら、和菓子文化コーディネーターに認定されます。お汁粉とぜんざいの違い、桜餅と道明寺の違い、おかきとあられと煎餅の違いなど、何気なく普段口にしていた物も「どうしてそうなのか?」が、学べます。和菓子に関する歴史や場面を理解して、それぞれの季節や行事に合わせた菓子を適切に選ぶことのできるようになります。お菓子作りの好きな方や日本の文化が好きで、行事などに和菓子を楽しみたいと言う方に最適です。1位ご紹介した「和スイーツセレクトマイスター」とセット(2資格同時取得)で資格をとるのも人気のようです。習得後は資格を活かして自宅で和菓子作り教室やカルチャースクールで和菓子作りの講師として活動する事もできます。

3位 菓子製造技能士

菓子製造技能士は、国家資格である技能検定制度の一種です。製菓メーカー、和菓子店、洋菓子店などでキャリアアップしたい人におすすめの資格です。年齢層も幅広く、菓子製造技能士として認められれば、技術の高さを証明できるので、就職や転職の際にアピールできるでしょう。試験は年に1回です。国が検定している技能士の資格のなかでは難しい試験だといわれています。合格率は各県によって差がありますが、全国平均では5割前後とのことです。
受験資格は中卒以上で、実務経験のみの場合は、経験2年で2級、経験7年で1級の受験が可能です。実務経験以外の方法として、職業能力開発協会の認定スクールで職業訓練を修了すると実務経験とみなされます。菓子製造技能検定では、実技と筆記試験が行われます。資格習得後は、和菓子店、洋菓子店、製菓メーカーなどで活躍できるでしょう。

4位 製菓衛生師

お菓子づくりのプロ=製菓衛生師 は、厚生労働省が認める国家資格です。
菓子製造業で働く人の資質の向上や主に衛生面での管理が求められます。
ベーカリーやケーキ屋などのお店を開業する際に必要な「食品衛生責任者」(食品の衛生上の安全を守る責任者としての資格で、飲食店などの食品に関わる事業所では必ず一人は必要)としても認められます。独立開業や店長クラスをめざす方に、取得しておきたい資格です。各都道府県が実施する試験に合格したのち、都道府県にある製菓衛生師名簿に登録された者を指します。受験資格は中卒以上で、2年以上お菓子店などで製造の実務(助手や見習い)を経験した者か、製菓衛生師養成施設において1年以上知識・技術を習得した者と定められています。菓子製造技能士は、製菓衛生師は全国平均で7割前後の合格率となっており、しっかりと要点を押さえて学びさえすれば、比較的、取得が容易です。お店の開業を目標に、時間をかけて経験を積んで菓子製造技能士と製菓衛生師のW資格を取ることもよいでしょう。
和菓子  和菓子

資格通信教育ランキング

PAGE TOP