ガーデニング

園芸インストラクター認定試験口コミ評判

ここ最近園芸市場は毎年上昇しています。特に中高年層や若者の間で農業に対する関心が高まっており、都市部を中心に市民農園や貸し農園開園が増加しているようです。オシャレにキッチン菜園する20代も増えてきていて、性別年齢関係なく幅広い世代に人気なのも要因のようです。また天候による野菜の値上がりや健康志向、食への安全の意識などからこれから益々市場拡大すると予想されています。

そんな中今注目の資格が、「園芸インストラクター」の資格です。家庭菜園のみならずフラワー関係、ガーデニングまで幅広い知識を身に付けることができ、そしてこれから市場が広がるであろう園芸の分野で適格なアドバイスができる能力を身に付けることができます。園芸に関心のある方には注目の資格です。「園芸インストラクター認定試験」に合格するとその資格が取得できます。

「園芸インストラクター認定試験」とは?

「園芸インストラクター認定試験」とは、教える力を中心とした技術の水準の向上、各スキルの社会的地位の確立を目標に、資格認定をする機関「日本インストラクター協会」が主宰している試験です。インターネットで申し込み、自宅で受験することができるため、遠い会場まで足を運ぶことなく、自宅でゆっくりと落ち着いて受験できるので忙しい方や主婦にも人気の試験です。また2か月に1回と開催数も多いので何回でも挑戦できるのも人気の理由だそうです。

日本インストラクター協会の説明によると、

園芸インストラクターとは、園芸インストラクターとして、多種多様な場面に通用するガーデンデザインの知識・技術・技能を有していると認定した人に資格が付与されます。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

※内容は、下記の園芸に関係した知識が問われます。

・ガーデン図面の描き方、ガーデン平面図の描き方、ガーデン図面のトレース、ガーデン図面の製図等

・お花屋さんのマーケティング・ガイド、立地・店舗づくり、売り場づくり、接客・教育・人員配置、仕入れ、マネジメント、ガーデンデザインの流れ、等

・ガーデンに使える日曜大工、ガーデンアイテム作り、ガーデンを美しく見せるテクニック、等

・有機野菜の作り方、苗から育てる野菜、種から育てる野菜、野菜の育て方の基本、等

・ハーブの作り方、ハーブとは、種類別育て方、ハーブの利用法、等

資格を取るとどんな仕事ができるの?

園芸インストラクターとして独立・起業ができます。セミナーやカルチャースクールで講師活動ができます。今人気のこだわり野菜販売の起業または就職にも役立ちます。フラワーショップや園芸ショップで働く人にはスキルアップとしてもオススメの資格です。

まとめ

最近は女性だけで農園を開業し成功している方や、地下鉄の下のスペースを利用して野菜を作ったりと、それぞれにこだわった菜園がとても人気です。園芸インストラクターの資格で、園芸について教えることもできますが、得た知識を用いて新たな事業を始めることも可能です。また知識を深めることにより日常の園芸にも役立ったという声も聞きます。あなたも「園芸インストラクター認定試験」に挑戦してみませんか!
ガーデニング  ガーデニング

資格通信教育ランキング

PAGE TOP