塩資格人気ランキング

私達の身近にある食材「食塩」はただ料理に振りかけるだけでなく様々な調理法あるいは美容セラピーなどにも使用することが出来ます。また塩自体も深い歴史があり種類によって特徴も違うのでそれぞれの性質に合った使い方が求められます。そのため塩の資格試験は塩に関する正しい知識を身に着けて、効果的な塩の使い方を把握し情報提供出来る人を輩出する事を目的としています。

 

1位美塩ソムリエ

美塩ソムリエは塩に関する詳しい知識を持っている事を証明する資格です。

私達の食生活の中でもかなり身近な存在と言える塩は長い歴史があり、種類によって製法や性質・味の違いがあります。それぞれの塩によって効果的な使い方が違うので、美塩ソムリエは塩に関する正しい知識を持ち合わせて他人に提供できる事が要求されます。

塩は人間が生きていく上で必要不可欠な食材ですが摂取しすぎると悪影響を及ぼすので、健康維持に必要な塩分の量や料理への正しい使い方も重要となります。また美塩ソムリエは食品としての使い道以外にも塩に纏わることわざや野生の動物と塩の関係性や日本と海外での塩の違いなどの知識も必要となります。

美塩ソムリエの受験料は10,000円で、受験方法はインターネットによる申し込みで在宅受験となっています。試験全体の正答率70%以上で合格です。

 

2位食塩アドバイザー

食塩アドバイザーは日本インストラクター協会が主催している資格試験です。

食塩はあらゆる調味料の中で最も使用頻度の高い存在と言っても過言ではありません。そのため食材にそのまま振りかけたりスープの中に混ぜたり調理行程で形状を変化させるために使用したりと多くの使用方法があります。

食塩アドバイザーはそんな食塩の正しい使い方・効率の良い使用方法を把握して他者に情報を提供できる知識があることを証明します。

食塩アドバイザーの試験は年に6回偶数月に開催されています。受験料は10,000円で、受験方法はインターネットによる申し込みで在宅受験となっています。試験全体の正答率70%以上で合格です。

 

3位ソルトマイスター

ソルトマイスターは日本ソルトマイスター協会が主催している資格です。

「ソルトベーシッククラス」「ソルトマイスター」「プロフェッショナルソルトマイスター」の3種類があり、ソルトマイスターはプロフェッショナルソルトマイスターの指導の元で正しい塩の知識を身に着けた人に与えられる称号です。

日本ソルトマイスター協会は塩そのものだけでなく、塩を製造している人・塩を販売する人・塩を使って調理する人・塩の効果を研究する人達とも強い繋がりがあり塩を用いた健康的な食生活を提案することを目的としています。

ソルトマイスターになるためにはまず基本のソルトベーシッククラスの講座を受講します。その中で塩に対する十分な知識を身に着けて、日本ソルトマイスター協会から塩の食文化繁栄に貢献してくれるとみなされた人にソルトマイスターの称号が与えられます。

4位塩マイスター

塩マイスターは日本塩ソムリエ協会が主催する資格です。

塩マイスターは塩の持つ成分や効果、美容・健康への影響などの知識が問われます。塩マイスターは様々な使い方が出来る塩の適切な使い方を身に着けて実用することを想定しています。

塩マイスターの資格を取るためには2日間の検定講座を受ける必要があります。そこで塩を使った調理方法あるいは医学的な使い方を学習します。こちらの検定講座の特徴として沖縄での塩作りの実地研修が含まれています。本物の塩作りを体験して塩に関する知識と教養をより深めることを目的としています。塩マイスター検定受講費は91,800円です。

塩マイスターを取得すると塩ソムリエの講座を開くことが出来たり、塩マイスター在籍の店として飲食店を展開することが出来ます。

 

5位塩ソムリエ

塩ソムリエは塩マイスターと同じく日本塩ソムリエ協会が主催してる資格です。

塩の食品面・健康面での深い知識を身に付けます。こちらは4位の塩マイスターの下位に当たる資格です。

塩ソムリエを取得するためには塩ソムリエ検定講座を受講する必要があります。講座は丸一日かかり塩の歴史や種類、人体に及ぼす影響や美容・健康への効果などを学習し最後にその日に学んだ内容を論文として提出します。塩マイスターの受講料は37,800円です。

受講するに当たって資格は必要無いので誰でも参加することが出来ます。取得すると塩ソムリエの称号が与えられ、飲食店の経営や食品メーカーでの活動に役立てることが出来ます。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP