安眠

安眠インストラクター認定試験口コミ評判

忙しい現代人にとって睡眠時間を取り分けるのは至難の業ですが、睡眠不足は様々な健康への弊害をもたらします。例えば脳卒中、肥満、心臓病、骨密度の低下、ガン発症、寿命が短くなるなど、そのリスクは恐ろしいものばかりです。
こうした病気を予防するためには、量より質と言われますが、ぐっすりと目覚めのよい、質の良い睡眠、安眠を取る必要があります。
とはいっても実際にそのような睡眠をとるのは難しいということに多くの方が気づいているようです。安眠出来ないのには、 疾病、ストレスや不安などの心理的要因、騒音などの環境的要因など人により、様々な原因があるため適切な対処法が必要になってきています。
そうした、切実な需要を受け「安眠」にもきちんとアドレスできるプロと認定される資格があるのをご存知でしたか? 「安眠インストラクター」という資格があるんです!
高額な安眠グッズを買いながら、なにが自分にあうのか模索してる人たちにとって本当に助けになる職業といえます。
「安眠インストラクター認定試験」に挑戦するとその資格を取得することができます。

「安眠インストラクター認定試験」とは?

「安眠インストラクター認定試験」とは、教える力を中心とした技術の水準の向上、各スキルの社会的地位の確立を目標に、資格認定をする機関「日本インストラクター協会」が主宰している試験です。2か月に1回開催されていて、インターネットで申し込み、自宅で受験することができます。開催数も多く、自宅で受験できるので、忙しい社会人の方もスケジュールが合わせやすく受験しやすい試験です。また全国どこからでも受験できるので人気の試験です。

日本インストラクター協会の説明によると、

安眠インストラクターとは、 睡眠を妨げる原因を突き止めて、安らかにぐっすり眠り、快適に眠る方法の知識を持ち教えることができると認定した人に資格が付与されます。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

※内容は、下記の睡眠に関係した知識が問われます。

・ 様々な睡眠障害、睡眠で起こる問題
睡眠に関係した病気、快眠・安眠の条件
快眠・安眠するための工夫、快眠・安眠を得るために

資格を取るとどんな仕事ができるの?

睡眠に着目した人材育成の草分け的な資格として各方面から注目されている資格のようです。独立してインストラクターとして開業することもできます。また、カルチャースクール、セミナー、自宅でも安眠インストラクターとして、講師活動ができます。寝具売り場で働く人が睡眠障害に悩むひとの多さに気付き、的確な案内が出来るようスキルアップのため資格取得したという例もあるようです。介護施設や医療関係で働く人たちにもオススメの資格です。睡眠障害に悩むご家族のために、資格取得する方もいらっしゃるようです。

まとめ

安眠インストラクターは、質の良い睡眠方法をアドバイスすることができ、お客様の生活向上の手助けができ、とても感謝されるので、やりがいのある仕事です。資格取得により、自身の睡眠も改善されたという喜びの声もあります。知ってるようでしらなかった安眠に必要な要素を改めて勉強することができ理解が深まったという方もいます。震災などの災害も増え、多くのストレスの中睡眠を確保することが求められる中、安眠インストラクターの需要は今後ますます高まりそうです。よりよい健康作りにも役立つ資格の「安眠インストラクター認定試験」への挑戦をオススメします!

快眠  快眠

資格通信教育ランキング

PAGE TOP