模型

実践建築模型認定試験口コミ評判

マンションなど建物の完成予想を説明する際に用いられる建築模型・住宅模型。最近は建築物を紹介するときなど、テレビ番組でもたびたび用いられるのでよく目にしますね。こうした模型は平面的な図面や絵を立体的にするので、より全体像を理解するのに役立ちます。

また精巧に仕上がった模型は非常に芸術性も高く、2016年6月にオープンした建築模型を展示しながら保存するための博物館「建築倉庫ミュージアム」に代表されるように、建築模型は重要なアーカイブ資料としてまた美術品としても、近年その価値は高まり、海外からも注目されるものとなっています。

こうした模型をつくってみたい!模型づくりの趣味を仕事にしたい!そんな風に考える方は性別年齢問わず多くいるそうです。

では、どうしたら模型製作技術者になれるのでしょうか?それにはまず「実践建築模型認定試験」という資格を取っておくと、仕事を受けやすくなるそうです。

「実践建築模型認定試験」とは?

資格試験は「日本デザインプランナー協会」により主宰され、実践建築模型認定試験1級と実践建築模型認定試験2級に分かれていて、年6回開催されています。試験回数が多いので好きな日時を選べて、一度落ちても再度すぐにトライできる利点があります。

日本デザインプランナー協会の説明によると、

【実践建築模型認定試験1級】

・建築模型の製作技術・技能に加え、建築模型の製作者としてのスキル、実践の場で通用する技術を有していることを認定する。

※具体的には図面を見ながらRC造(鉄筋コンクリート造)と木造の2種類の住宅を製作できる程度の技術を持っていることを証明するものとなるそうです。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

【実践建築模型認定試験2級】

・建築模型の製作技術・技能を有していることを認定する。

※具体的には図面を見ながらRC造住宅模型を作製できる程度の能力をもっていることを証明するものとなるそうです。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

※2級、1級ともに70%以上の評価が合格ラインです。

難しそうですが、建築模型の専門用語を学習すると意外と簡単に取れたという声もあり、インターネットを利用して実施されるので全国から、自宅から受験でき、忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすい試験となっているそうです。特に精巧なミニチュアの世界が好きだという女性たちにも人気の資格で、実に資格取得者の6割を女性が占めているようです。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

設計事務所、工務店から請負って、在宅ワーク、SOHOとして仕事が出来ます。クラフト感覚で作成した模型を販売することもできます。

「実践建築模型認定試験」に合格していると建築模型製作技術を証明するものとなり、図面から模型をおこせる信頼につながり、仕事の依頼を探すのに大変有利になります。一般的に建築模型(個人住宅、マンションなど)は1つ2 ~ 10 万円前後が報酬とされています。

また資格取得後、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。人気の建築模型ですので、需要も高く月に数回ほど模型教室などで収入を得ている方もいるようです。

まとめ

美しい建築模型の世界に興味のある方、建築模型でプロフェッショナルな仕事をしてみたい!とお考えの方、資格があるとより世界が広がりますので、「実践建築模型認定試験」への挑戦がおすすめです!
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

資格通信教育ランキング

PAGE TOP