家庭菜園

家庭菜園インストラクター口コミ評判

どんな資格?

家庭菜園インストラクターの資格は、は様々な植物と野菜の種類を完璧にマスターし、それぞれに最適な育て方や環境を理解していて土や水についての知識が必要です。
その他にも、雑草や害虫に至るまでのベランダ菜園の基礎を身につけ、また決して枯らさず良い状態に仕上げることが出来る方に認定される資格です。まさに家庭菜園のプロですね。
この資格を取得した後は自宅などで講師としてアドバイスすることも可能です。

家庭菜園インストラクター認定試験の受験方法

この試験は、教えることを中心としたスキルを認定する「日本インストラクター協会」という団体が開催しています。
他に「野菜パティシエ」や「食用油アドバイザー」など41種類の認定試験を開催しています。

日本料理インストラクターの試験はホームページからの申し込みのため、全国どこからでも受験することができ、試験会場も自宅のため落ち着いて実力を出し切ることができます。
5日間の試験期間を終えたら答案を提出します。合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

そして合格することができたら協会のホームページから合格認定書や合格認定カードを発行することができます(有料)
お金は掛かってしまいますが、せっかく取得した資格を形に残しておくことは何よりの証明になりますので大事だと思います。

通信講座で習える家庭菜園

家庭菜園と言えば自力で調べわからないところは同じものを育てている方に聞いたり・・・というイメージが強いですが、今では通信講座でも学ぶことができます。
わかりやすく名前を出して紹介させていただきますが、今雑誌などのメディアに掲載されて少し話題になっている「諒設計アーキテクトラーニング」スクールをご存知でしょうか。
ここが開催している講座の一つで「ベランダ菜園アドバイザーW資格取得講座」があります。
もちろん初心者でも資格取得出来るまでの知識を身に着けることができます。特にプロの方への質疑応答が無制限で出来るというのが受講者からしたらありがたいですね。

そしてこのスクールでは全講座に通常コース・スペシャルコースがあります。
通常コースでは教材が送られて学習・添削を繰り返し卒業。それから自分で試験の申し込みをしなければいけません。
スペシャルコースでは、卒業までは通常コースと同じですが、卒業と同時に家庭菜園の資格を二つ取得することができます。
まとめると、上記の試験が免除され、家庭菜園インストラクターともう一つ、日本生活環境支援協会主催のベランダ菜園アドバイザーを取得することができます。
もちろん試験がないので試験日まで待つ必要も合格不合格もありません。すべては卒業できるかどうかに掛かっています。
あまり資格の勉強に時間を割きたくない方や確実に資格を取っておきたいという方におすすめコースです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。家庭菜園を始めること自体はそんなに難しいことではないので是非多くの方に知っていただきたいです。
この記事を読んでいただいて、少しでも家庭菜園インストラクターに興味を持っていただければ幸いです。
ベランダ菜園資格  ベランダ菜園資格

資格通信教育ランキング

PAGE TOP