幼児食

幼児食マイスター認定試験口コミ評判

昨今の少子化の影響と核家族化の増大で、今では子育てに3世代が関わることは、非常にまれになりました。このため、幼児教育から乳幼児の養育方法、離乳食などの子育て情報は、ネットや書籍やコミュニティなどで、独学で学ぶ以外に手段が少なくなっているのが現状です。そうした中、新たに乳幼児から幼児保育に関して、もっとヒューマンなケアの必要性から、政府、官民一体となって現在の日本は、これを最課題としています。特に幼児食は、食物アレルギー、衛生面や成長に関わる、保育関係では最も重要な養育技術の一つです。また幼児の頃から、偏食を防ぐ意味でもこうした保育に保育士や民間資格のプロフェッショナルが関わることは現在の子育てにとって、非常に急務な事でもあります。人は誰しもが、最初の出産は子育て初心者です。そのフォローと支援に、幼児食マイスターの価値があります。

幼児食マイスターとは

幼児食に関する知識は、初めは誰でもよくわからないものです。赤ちゃんから乳幼児、離乳期まで最初から熟知していることは有り得ません。幼児食マイスターとは、子供の成長に合わせて適する食材選びや、調理方法、未だ未発達な消化に関して、それに相応しいメニューの知識をもつ、幼児食のプロフェショナルです。また子供のしつけは、離乳食の時から遊び食などの防ぐ、簡単なしつけが始まります。更には、幼児には何らかの病気は常につきものです。食物アレルギーで特定の食材を抜いた場合は、成長に必要な栄養素を欠如するケースもあります。従って、書籍やネットだけの知識ではこれを補いなえない事も多いのです。若い子育て世代には、育児でわからない事ばかりですが、わかりやすく幼児食の指導を受けるには、やはり幼児食マイスターは今一番必要される資格の一つでしょう。

試験を受けるには

この幼児食マイスターの認定試験は、JSFCA(日本安全食料料理協会)が主催する、民間資格認定試験です。試験は原則筆記試験で、申し込みはインターネットからJSFCAの公式ページから行います。受験料は1万円で、受験前に試験スケジュールを確認、自信を持って合格出来る確信が出来たら、申し込んで試験問題と解答用紙、受験票を送付してもらいます。ワンセットで到着した宅配小包に、代引き料金を払うことで受験料の支払いが完了します。後は、答案提出期限まで自宅で試験問題を取り掛かり、提出して合否を判断してもらいます。解答用紙の提出期間はおよそ1週間からで、試験期間中、何時申し込むかによって変わりますのでよく注意してください。合否は通知が後日発送されます。

合格するには

合格するためには、少なくとも養育経験とか、保育経験が無いと難しいかもしれません。一般的な調理知識ではなく、求めるのは離乳期以後の幼児の食事メニューなので、非常に正確性を求められます。栄養学、調理、素材や子供の成長過程について、多少の医学的知識も必要となるでしょう。

認定試験に向かって

出来れば保育士やその経験がある人の方が、かなり有利です。子育て経験にしても、様々なケースを経験している子育て経験者が対象になるでしょう。そのうえで、養育・保育に関する技術や栄養学、食材や調理の経験も必要なので、知識、経験共に幅が広い認定試験だと言えます。在宅受験だとは言っても、結構難しい試験内容でしょう。勉強の仕方は独学でも構いませんが、調理や栄養学はスクールなどで受講した方が早いでしょう。子育て経験があった方が、この資格はバックボーンがあるため、指導も信頼されます。

合格後の活躍

保育士としてこの資格を加えたなら、確実に就職に有利な資格ですね。また栄養学でも幼児、保育に関することですからアドバイザーとして講師、あるいは養育書などのライターでも活躍を期待できます。また幼児の好き嫌いに悩む親御さんの相談に乗れることから、カウンセリングとしても需要はかなり高いでしょう。
幼児食  幼児食

資格通信教育ランキング

PAGE TOP