幼児食

幼児食資格人気ランキング

1位 幼児食マイスター

日本安全食料料理協会(JFSCA)で行っている民間資格認定試験です。インターネットから申し込みができて、通信講座を受けて、在宅受験して、試験に合格したら「幼児食マイスター」と認定されます。離乳食から幼児食に変える時期とか、幼児食に向いている食材、不向きに食材など幼児食について学習します。栄養のバランス、味付け、かたさなども勉強します。子供の成長に合わせた献立作りができる知識が身につきます。子供の身体の作りを理解し、その成長に合わせた食事や、骨や筋肉を成長させる食事を意識し、良い環境を作ることが大切です。また、アレルギー体質などの予防・対策を身に付けて、適切な対処をすることができるように学びます。

2位 ベビーフードインストラクター

日本インストラクター協会(JIA)が主催している民間資格認定資格。ベビーフード とは、一般的に日本では、乳児を対象とした食品を指す言葉ですが、ここでは世界で通用するベビーフードととらえて幼児食も含まれるようです。そのベビーフードの献立を考えて、実際に作ることが認定される講師資格です。インターネットから申し込みができます。講座終了後、在宅試験を受けて合格したら資格が習得できます。幼児に与えるおすすめの食材を使用した献立、お正月、ひなまつり、クリスマスなど行事に合わせた献立を考えて、食事を作ることができるのかも認定範囲です。ベビーフードインストラクターは口コミで人気が広まり、評判の良い資格となりました。ベビーフードインストラクター認定試験の出題には、季節に合わせたベビーフードの献立作り等、アイデアを活かす出題もあります。資格習得後はベビーフードのインストラクターなど、ベビーフードのワールドが広がることでしょう。

3位 幼児食インストラクター

一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)が主催している民間資格認定試験です。受験資格は特にありません。インターネットから申し込みができます。幼児食に関する知識と、子どもたちの健全な食生活を支えるインストラクター資格。指定のカリキュラムを修了後、認定試験を受けます。(在宅試験)幼児食の基礎知識、幼児期の食事、栄養と代謝、病気のときの食事、食物アレルギーが学習範囲として認定教育機関にて履修していただきます 。一人ひとりにきめ細かなアドバイスを行い、スムーズな学習を支援してくれるそうです。受講生様が修了するその日まで、常に寄り添いサポートを行っているとの事です。認定資格習得後は
幼児食教室や幼児食ワークショップなどで活躍できそうです

4位 幼児食アドバイザー

株式会社日本フローラルアート(東京カルチャーセンター)が主催している民間資格です。「赤堀料理学園」監修のカリキュラムにて、幼児食の正しい知識を身につけます。受講期間内に全課題を履修し、課題に合格すると、幼児食アドバイザー養成講座を履修した証となる修了証が取得できます。乳児・幼児の食事づくりの基礎から実践、からだの発達とそれに応じた食事の変化を同時に学べるので、こども一人一人の発育段階にあわせた幼児食が学べます。乳児や幼児がいらっしゃるご家庭の方、幼稚園や保育園、養護施設などにお勤めの方、さらなる知識習得やスキル向上を目指されている方、食関連ビジネスの方におすすめの資格です。

5位 子供食育健康管理コーディネーター

一般社団法人 資格支援能力振興協会の主催している民間認定資格です。インターネトから申し込みができて、講座を修了して在宅試験を受けて合格できたら子供食育健康管理コーディネーターに認定されます。子ども栄養学入門を基本理念とした食育管理の基礎知識、技術をもとに日常生活に活かせる知識が学べます。スポーツをされているお子様、ご家族をお持ちの方にも役立つ内容です。お子様のスポーツ活動に関わり、食事管理について専門的な知識、成長期のお子様がいらっしゃり、偏食などで健康管理に悩みを抱えている方、幼稚園や小・中学校でお弁当や食事の指導に関わっている先生におすすめの資格です。
幼児食  幼児食

資格通信教育ランキング

PAGE TOP