shikakutoru

建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

いま、特に若い子育て世代や働く男性、女性に人気なのが、中古の家やマンションを買ってリノベーションし、自分たちの好みや住み方に合う住まいにすることだそうです。

間取りも内装も自由に変えることが出来、デザイン性も性能面も高く、かつ安価ということで新築より理想の住まいを実現できるということで人気のようです。例えば、古材や珪藻土を使用したり、ノンアレルギーの自然素材を使用したり、スチールやコンクリートでスタイリッシュにしたりと様々な仕上げ材を用いて理想の形に近づけていきます.

また、新築でもこだわりの材料を家主が選び、すでに出来上がっているものとはまた違った、その人にぴったりの家を建てている人もいます。よくテレビでも特集されたりしていますが、そうなるとたいてい家主は建築デザイナーだったり、一級建築士だったりするので、やはり建築関係の仕事に就いている人でなければ、なかなかこだわりの建築材料を選べないかもしれません。そこで、助けになるのが「建築材料インストラクター」です。リフォーム相談会やセミナーで講師活動を行い、豊富な知識から建築のプロでなくても適切な材料が選べるよう手助けしてくれます。建築にも様々な資格がありますが、まさにいま求められている人材の「建築材料インストラクター」。こだわりの家に携わる仕事に就きたいと考えている方、またさらなる仕事のスキルアップをお考えの方におすすめの資格です。

「建築材料インストラクター認定試験」に合格するとその資格が取得できます。

「建築材料インストラクター認定試験」とは?

「建築材料インストラクター認定試験」とは、教える力を中心とした技術の水準の向上、各スキルの社会的地位の確立を目標に、資格認定をする機関「日本インストラクター協会」が主宰している試験です。インターネットで申し込み、自宅で受験することができるため、遠い会場まで足を運ぶことなく、自宅で受験できるので忙しい方に人気の試験です。この試験は男性女性どちらからも支持されているようです。また2か月に1回と開催数も多いのも人気の理由だそうです。

日本インストラクター協会の説明によると、

建築材料インストラクターとは、構造用材 (木材,石材,コンクリート,鉄鋼など) ,内外装仕上げ材 (築壁材、床材、屋根材、各種ボード、建具、建築用金物など) 、性能維持材 (シール材、断熱材、吸音材、防水用材など) で、素材の種類としては木材、セメント、粘土、金属などがあり、その材料を理解したと認定した人に資格が付与されます。

受験資格 特になし

受験料 10、000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

資格を取るとどんな仕事ができるの?

建築材料インストラクターとして独立・起業ができます。セミナーやカルチャースクールなどで講師活動ができます。また、リフォーム業者や施工管理、不動産など新築、リノベーション関係のお仕事についている方がスキルアップのために資格取得することも多いようです。建築材料への知識が深まり、施工側と顧客の希望の溝をうめて上手に説明できるようになったという喜びの声も聞かれます。

まとめ

建築関係の勉強をしている大学生が今後の就職のさらなる強みをつけるために資格取得することも多いようです。またいずれ家を持ちたいと考えていてこだわりの材料を選びたいとお考えの方にも専門的な知識が身につくのでオススメです。もちろん建築材料のプロとして理想の家を作る手助けができ、とてもやりがいのある仕事が出来ます。みなさんも「建築材料インストラクター認定試験」に挑戦してみませんか!

資格通信教育ランキング

PAGE TOP