模型

建築模型・住宅模型資格ランキング

何かを誰かに「伝える」ということはとても難しいことです。言葉で伝えようとしてもなかなか自分の本意が相手に伝わらないという経験をされた方は多いのではないでしょうか?そんな時に自分の頭のなかをそのまま形にして相手に見せることができればどんなに楽でしょう。その形にする方法の一つとして模型があります。目の前にある模型を使うことにより視覚的に相手に自分の想いを伝え行くことが可能になります。そこで今回は模型に関する資格として、建築模型・住宅模型に係る資格についてランキング形式でお伝えしていきます。

1位 実践建築模型認定試験

日本デザインプランナー協会が主催する「実践建築模型認定試験」は、建築模型という伝える手段を活用するための知識や制作技術などについて一定レベルごとに認定される資格になります。建築模型は実際に立体的にそのものを見ることができるため、顧客への商品説明やプレゼンテーションなどで活用されます。言葉や図では伝えられないことも建築模型を伝えることが可能となります。
住宅関係など建築模型に深く関わる商品を扱っている業界の方だけではなく、模型に興味がありその幅を広めて行きたいとお考えの方にも人気の資格になります。また、この2級、1級と段階別に分かれており初心者の方でも受験の入り口が広く開かれています。受験日程も二ヶ月に1回と受験実施の頻度も多いためその受験のしやすさも魅力の一つとなっております。
実践建築模型資格認定試験の案内

2位 建築模型技工士インストラクター

日本インストラクター協会が主催する「建築模型技工士インストラクター」は、模型に関する幅広い知識と技術を身につけ、実際に実務レベルで模型制作に携われる能力を有する方に認定される資格になります。「建築模型技工士インストラクター」は、あらゆる模型に関する知識と技術が問われる試験となります。そのためこの資格取得を目指すことにより模型の本質を理解することができるようになります。さらに知識を深め、実践を積むことにより、模型製作に関する講師活動を行って行くともできます。
この資格取得のための各種スクールによる通信講座もあり、受験実施の頻度も2ヶ月に1回であるため、忙しいビジネスパーソンでも隙間時間を利用して資格取得ができます。
将来、独立開業を目指したい方や、今の延長線を超えたところに何かを求めている方は是非「建築模型技工士インストラクター」を目指されてはいかがでしょうか。
建築模型技工士インストラクター資格認定試験の案内

3位 建築模型士Primary

「建築模型士Primary」は、建築模型に関する一定のカリキュラムを終了した方に認定される資格になります。この資格を取得することにより建築模型士認定試験の2級の受験資格を得ることができるようになります。
すでに建築業界や住宅業界で働かれている方は、この資格取得によりその仕事の幅を広めることができることとなります。また、プラモデル作りがすきなど、模型製作に抵抗がない方はこの資格取得により建築模型に関する技術を身につけ、在宅で模型製作の副業を行うことができるようになります。
これから建築業界で働くことを考えられている方も、この資格取得を目指し、就職試験において一歩先を行くというのもいいのではないでしょうか。
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

資格通信教育ランキング

PAGE TOP