模型

建築模型技工士インストラクター認定試験口コミ評判

建物の完成予定を紹介するときによく用いられる建築模型。最近はオリンピック効果もあり建築の需要が高まっているため、建築模型を作成する人材も求められています。コンピューターグラフィックスの進歩があるとはいえ、実際の形を立体的に手に取って確認できる建築模型の世界は今後まだ発展していく可能性があります。そしてその繊細な模型の世界は、芸術性も高く「建築模型ミュージアム」に代表されるように世界からも認められる、保存していくべき日本の技術といえます。大人の習い事として、ジオラマが好きな男性からミニチュアドールの世界が好きな女性まで幅広い世代や年齢の方に今学びたい技術として建築模型が注目されています。

趣味として模型作成で作り上げたときの美しさと充実感を増したい。案件豊富な建築模型の仕事のスキルアップにつなげたい。どちらの希望的も満足させてくれて需要の高い建築模型。それに伴い講師も必要となっています。

手先が器用でミニチュアの世界が好きな方。人に教えるのも好きという方におすすめなのが、建築模型技工士インストラクターのお仕事です。

建築模型技工士インストラクターになるには

どうしたら建築模型技工士インストラクターになれるのでしょうか?

それにはまずインストラクターとしての資格をとる必要があります。築模型技工士インストラクターは男女年齢問わずともに人気の資格となっています。建築模型技工士インストラクターとしてフリーランス、起業を目指す人や、現在建築関連のお仕事をしていてさらにスキルアップを目指したいという方にも人気のようです。日本インストラクター協会主宰の「建築模型技工士インストラクター認定試験」でその資格を取得することができます。

「建築模型技工士インストラクター認定試験」とは?

「建築模型技工士インストラクター認定試験」は、受験資格が特に定められていないので、初めての人でも誰でも試験を受けられます。また在宅受験ができるので忙しい主婦や仕事を持ってる方に人気のようです。

日本インストラクター協会の説明によると、

【建築模型技工士インストラクター認定試験】

・建築模型技工士インストラクターとは、スタディー模型、プレゼンテーション模型、検討模型、説明模型、展示模型、体験模型、比較模型、原寸模型などを十分に理解したと捉え、実務において通用するレベルまで達した方へ認定されます。資格取得後は、様々な知識を利用して講師活動ができます。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準 70%以上の評価

難しそうですが、建築模型に必要なことを学ぶことができ、定められた期間に返送するので自宅でゆっくり試験を受けることができ思ったより取得しやすい資格だそうです。

見事合格すると資格保持者として認定されるだけでなく、申請し代金を払うと合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

建築模型に関する技術があり、この技術に関してレクチャーを行える人材は不足しているので、設計事務所や建築事務所でインストラクターの人材が多く求められています。また人材育成を必要とする企業や、専門学校や地域のカルチャースクール、自宅でスクールを開く方もいます。幅広い分野で活かせる資格となっています。

まとめ

「建築模型技工士インストラクター認定試験」で資格を取得して、仕事の幅が広がったとう口コミが多くみられます。建築業界で働きたいと思ってる方にはもちろんすすめですが、もともと模型や工作が得意でこの技能をうまく職に生かせないかと思っていたところ、この資格に出会った方もいるようです。教えることが好きで、大好きな趣味を仕事にマッチングさせたい方に、人材とスキルが求められている「建築模型技工士インストラクター認定試験」に挑戦してみるのはどうでしょうか!
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

資格通信教育ランキング

PAGE TOP