カラー

心を癒す色の専門家「カラーセラピスト」になりたい!通信講座でカラーセラピーの資格をゲット!

疲れの多い現代社会では、癒しのプロが求められています。
中でも、日常生活での癒しの効果を高めるカラーセラピストの人気は口コミでも評判です。
カラーセラピストによって構成された色空間で過ごすことで、日常生活の疲れが和らぎ、心穏やかにストレスフリーな生活が送れます。
今回は人気のカラーセラピストの秘密を探り、カラーセラピストになるための方法を紹介します。

色はストレス解消に効果的!癒しの力を引き出す色を使いこなす

色は昔からいろいろな効果があることが知られています。
例えば、「暖色」「寒色」のように、色によって温度を表現することなどがよく知られています。
暖色の色を使用することで、「温かい」というイメージを伝えるということだけではなく、「活動的」「情熱的」といった人間の印象を持たせることもできます。
逆に寒色は「冷たい」というイメージだけではなく、「安定性」「信頼感」といった企業の安定性をイメージする場合に使われます。
これらの色の効果や組み合わせによる相乗効果を考慮して、その人にあった色・その人が叶えたい目的にあった色を提案するのがカラーセラピストです。

カラーセラピストのお仕事

カラーセラピストの仕事は「カラーセラピーの施術」「店舗へのカラーコンサルティング」「カラーセラピー教室の講師」が主な仕事になります。
カラーセラピーの施術は、サロン等で来店したお客様の相談をヒアリングし、そのために色をどのように日常生活に取り入れるのかをする相談業務です。
店舗へのカラーコンサルティングは、オープンやリニューアルの際に店舗デザインの一環として色の調整を行うお仕事です。
店舗の種類や目的に応じての提案になり、多くの人に影響を与えるお仕事でもあります。
カラーセラピー教室の講師は、これからカラーセラピーを学びたい人向けに行われるカルチャースクールでの講師業務です。
これらの仕事を行い、色のプロとして世の中を癒していく素敵なお仕事です。

カラーセラピストになる資格は通信教育で取得する!

カラーセラピストになるための方法の一つが、資格を取得してプロになるという方法です。
スクールに通って資格を取得するのでもいいのですが、オススメは通信教育で取得する方法。
通信教育は、自分が好きな時間に好きなタイミングに好きなだけ学習することができるというメリットもあり、忙しい人でもしっかり勉強することができます。
また、自宅で行うので、まず自分自身がカラーセラピーによって癒されていく効果もあります。
これらの理由を考えれば、通信講座で資格を取得する方がカラーセラピストへの近道ではないかと思います。

日本アロマメディカル心理セラピー協会のカラーセラピー認定資格

通信講座で取得できる資格は「カラーアドバイザー」と「色彩インストラクター」の種類の資格です。
この資格は日本アロマメディカル心理セラピー協会というカラーセラピー業界の中心組織が認定している資格です。
国家資格ではありませんが、実践で役立つ、カラーセラピストになる人は誰もが持っている必要があるような資格です。
通信講座の先生も持っている資格なので、取得してカラーセラピストの道を進むことができます。
カラーセラピー  カラーセラピー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP