石鹸

手作り石鹸インストラクター口コミ評判

自分で思いのままに石鹸を作れる

手作り石鹸インストラクターとは、その名の通り石鹸作りに必要な知識を理解し、他者へ指導する事が可能であると認められた方に与えられる資格です。資格を取得した後は自宅やスクールで講師活動も可能になります。

認定試験の申し込み方法

手作り石鹸インストラクター認定試験は「日本インストラクター協会」が主催しています。
この協会は教える力を中心に、その技術があると認定してくれる協会で、他に「ホロスコープインストラクター」や「ビーズアクセサリーインストラクター」認定試験などが開催されています。

協会のホームページがあり、そこから申し込むので全国どこからでも受験が可能です。受験する際に必要な経歴・資格などは一切ありません。
受験場所はもちろん自宅。試験期間は5日間なので緊張せず安心して取り組めます。答案を提出して、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後です。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

手作り石鹸の美容効果

手作り石鹸は自分の肌に合うように作れるので、乾燥肌や敏感肌の方に特に人気のある資格・趣味です。
洗顔や身体に使える石鹸ですが、肌のケア以外にもちゃんとした美容効果を加えることができます。

例えば、オリーブオイルをメインに使う石鹸では、肌を柔らかくしっとりした感触にしてくれます。さらに脂を取り除く炭を混ぜると、乾燥肌に効果的なのとケアの汚れをすっきり除去できます。
このように作るには自分の肌の調子を把握していることが大切ですね。

通信講座で習える資格

この資格の対策を行っている未経験者でも気軽に受講できる通信教育スクールをご紹介します。
「諒設計アーキテクトラーニング」スクールという通信講座がありますが、そこが開催している講座の一つに「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」という名の講座があります。
ここは教材が完全初心者対応で未経験の方でも基礎からしっかり学べ、オリジナルの石鹸が作れるレベルまでいくことができます。
テキストにレシピが記載されているので、それに沿って様々な種類の石鹸作りを練習できるので失敗することなく、楽しく学習を進めることができます。

そしてこのスクール限定のスペシャルコースでは、講座の卒業課題を提出すると同時に二つの資格を取得できるというなんとも嬉しいコースも。
取得できる資格はもちろん「手作り石鹸インストラクター」と日本デザインプランナー協会が主催している「コールド・プロセスソープマイスター」を取得することができます。

確実に資格を二つ取得することができますので、時間がない方やこれから副業に手作り石鹸を使いたいという方には是非取っていただきたい資格です。
諒設計アーキテクトラーニングスクールの卒業生の多くはオリジナル石鹸を販売して副業しています。石鹸関係で勤めたい方は、この資格を活かして就職活動も有利に進めることができます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでも手作り石鹸インストラクターに興味を持っていただければ幸いです。
手作り石鹸  手作り石鹸

資格通信教育ランキング

PAGE TOP