手相資格人気ランキング

手のひらの線や肉のつき方などから人間の性格や将来の運勢、健康状態など様々なことを占う手相は古くから歴史があるとても人気の占い方法です。古代インドが発祥とされている手相は、さらにさまざまな研究がなされていて、日本でも公式の資格を認定している期間も数多く存在します。インターネットや書籍などでも独学で勉強して受験できる資格から、協会が主宰する講座を受講していてより深くじっくりと手相を学ぶことができる認定資格までさまざまな資格があります。今回はそんな手相に関する人気資格をランキングでまとめてみました。趣味として手相の知識を学んでみたい方から、仕事として本気で資格を取得したい方まで、ぜひ参考にしてみてください。

1位 手相鑑定士

手相鑑定士は日本インストラクター協会(JIA)が認定している資格です。手相の知識に加え、実際の手相を占うにあたっての実践スキルなどが身についているかどうかを証明することができる資格です。受験資格は特になく、受験料も10000円と非常にリーズナブルなので、受験のハードルがとても低く気軽にチャレンジできるのはとてもいいですね。在宅で受験できるのもメリットではないでしょうか。合格ラインは70%なので、しっかりと勉強した上で受験に臨みたいですね。手相占いに興味がある方はもちろん、日頃他人の悩み相談に乗るのが好きな方など、手相鑑定師として資格を取得して、人の役に立つ活動をしてみてはいかがでしょうか。資格を持っていると持っていないとでは、相手が受ける印象も大違いですよ。

2位 パームリーディングアドバイザー

パームリーディングアドバイザーは日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定している資格で、趣味で手相について勉強したい方から占い師として仕事をしていきたい方まで幅広い方に人気の資格となっています。受験はどなたでも受けることができ、受験料は10000円である点、在宅受験が可能な点などは手相鑑定士と同様です。パームリーディングアドバイザーの認定試験を合格するには、手相の基礎知識に加え、手相の起源や海外と日本の手相の違いなど、幅広い知識の習得が必要になります。合格ラインは70%ですが、しっかりと前もって準備した上で受験したいですね。二ヶ月毎に試験が実施されていますので、比較的好きなタイミング受験できます。

3位 日本手相能力検定

日本手相能力検定は、日本手相能力検定協会が認定している資格です。手相の基礎知識を確かめる4級から手相占いのプロとしての知識を認定する1級まで4つの段階が用意されています。日本占い総合塾塾長の黒川兼弘氏が監修しており、かなり本格的な内容となっています。受験会場は東京と大阪の2会場で、年1回の開催です。級に応じて問題集などもたくさん発売されていますので、独学でも十分学習が可能です。年一回なので、本番に100%の力を出せるよう、日頃からじっくりと学習しておきたいですね。自分の学習進捗に合わせて、ステップを踏みながらしっかりと取得していきましょう。

4位 手相セラピスト

手相セラピストは一般社団法人日本手相セラピスト協会が認定している資格です。基礎手相セラピスト・手相セラピスト・公認手相セラピストの3つの段階に分かれていて、初めての方は基礎手相セラピストから取得することになります。基礎とはいっても、さらにベーシック編とアドバンス編に分かれていて、とても濃い内容になっています。基礎手相セラピストは講義受講後にレポートを提出することで認定されますが、さらに面接を受講し、実際に手相の鑑定を行うなどで合格した場合、協会公認の手相セラピストへと認定されることができます。手相セラピストを名乗るのであれば、公認セラピストを目指したいですね。手相を見ることができるようになれば、趣味はもちろんのこと、技術をもって本格的なスクールや占い師としての仕事も可能になります。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP