shikakutoru

手芸アドバイザー認定試験口コミ評判

クオリティが高く、手作りのぬくもりと、世界に一点しかない特別感が多くのセレブからおしゃれ女子にまで人気のハンドメイドの世界!ブランドものと合わせて個性を出したり、普段使いからフォーマルまでハンドメイドのものを選択する人が増えています。自分で作る方も増えていますが、ハンドメイド作家の作品を購入できる場が増え、ハンドメイドのものを探して購入する人も増えています。その需要に応えるハンドメイド専門の商品を扱う「minne」や「Creema」などのインターネットサイトは利用者をどんどん増やし、売り上げを上げ続けています。日本から海外のもの、海外から日本のものを探す人も増え、マーケットは広がりを見せています。

ハンドメイドつまり手芸は、昔は家庭で学ぶものでしたが、家庭で教える機会は減り、このハンドメイドブームとはうらはらに、興味があったり趣味で手芸をしている人たちが学ぶ場、相談できる場は少なく、手芸を教えるスキルを持った人材が求められています。

そのために生まれた資格が「手芸アドバイザー」です。ハンドメイドの世界でプロフェッショナルになりたい方、スキルアップしたい方、持っている技術を用いて講師活動をしたいとお考えの方にオススメの資格です。女子力アップしそうな資格ですが、男性の中にも独特の感性で手芸の世界で成功してる方もいらっしゃいますので、男性にもおすすめの資格です。

「手芸アドバイザー認定試験認定試験」とは?

手芸アドバイザー認定試験とは、日々のライフスタイルにおける役立つ技術・スキルの認定を行っている日本生活環境支援協会が主宰している試験です。インターネットで2か月に1回開催されていて、自宅で受験し、回答を返送するという形でうける試験です。

日本生活環境支援協会の説明によると、

【手芸アドバイザー認定試験】

・手芸に関する様々な知識や技術を保有している人に認定される資格です。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準    70%以上の評価

※内容は手芸に関する手法やそのテクニックや、カービングやギャザーなどの知識や技術も身に付けていることが必要になります。

手芸に必要な知識に関しての試験ですので、勉強のために受ける方もいるようです。インターネットで申し込み、送られてきた用紙を用い自宅で受験できるので、焦らず考えながら受験できますし、好きな時間にできるので、社会人や主婦の方など忙しい生活を送っている方にも受験しやすく人気の試験となっています。

資格を取るとどんな仕事ができるの?

手芸専門店、雑貨装飾品メーカーなどで働かれる方も多くいらっしゃいます。手芸のプロとして本格的な講師活動をしたり、空いた時間を用いて副業として自宅やカルチャースクールで教えることもできます。

夢だったハンドメイド雑貨店を開業した方、作品をアトリエに展示した方、インターネットやフリーマーケットでプロの作品として販売する方もいらっしゃいます。

まとめ

ハンドメイドは、趣味の世界からしっかりとしたビジネスとして世界を広げることのできるものに変化しています。資格を取った方の中には自分で作った商品を販売したり、持っている知識を用いて海外の買い付けをしている方もいるようです。もともと手芸は好きで手芸に自信があっても専門知識がないために、才能を活かす場が限られていた方たちの中にはこの資格をとり、プロとして働く場を持てたという喜びの声が聞かれます。家庭でもさらに喜ばれる手芸作品を作れるようになって資格をとって本当によかったという方もいらっしゃいます。

手芸の趣味を活かした仕事に就きたいと考えている方、今大人気の手芸の技術を教える講師になりたいとお考えの方、知識を増やして今までの作品よりさらにレベルアップした作品を作りたいと考える方、こだわりのハンドメイドを売りたいと考えている方、などなど手芸関係のお仕事を考えている方は「手芸アドバイザー認定試験」受験して資格を取得することをオススメします!

資格通信教育ランキング

PAGE TOP