DIY

日曜大工スペシャリスト口コミ評判

どんな資格?

日曜大工スペシャリストとは、日曜大工の際に必要とする道具の使い方、床材の種類、壁紙の張り方やレンガの種類、棚や家具などの製作知識を理解していることを認定する資格です。
資格取得後は、学んだことを応用した様々な作品を作る事が出来ます。

そもそも「日曜大工」とは?

この言葉自体は知っているけれども具体的にどういう意味かご存知でしょうか。これが大工さんではない人が休日や暇な時間を利用して作る木工作業の事を指しているんです。
だから休日何やっているの?と聞かれ日曜大工ですかねーと答える方が多いのですね。もの作りはいくつになっても楽しいものです。ちなみにやりたくないけど必要だから作業することも日曜大工といいます・・・

趣味で本棚や犬小屋など作る方はおりますが、のめり込み過ぎると自分でログハウスなど作ることを検討し始めたり。外国では特に多いですね。
日本は多忙な国ですから、あまり実行できる方がいませんが、なんとも夢があり楽しい話であります。

必要な材料など自分で選べるし、比較的必要な道具が少ないので趣味としては始めるハードルは低いと思います。あとは自身の想像通りに作れるか、それは経験を重ねても難しいことですね。

日曜大工スペシャリスト認定試験の受験方法

この試験は、デザインの技術を中心としたスキルを認定する「日本デザインプランナー協会」という団体が開催しています。
他に「空間ディスプレイデザイナー」や「インテリアアドバイザー」など24種類の認定試験を開催しています。

日曜大工スペシャリストの試験はホームページからの申し込みのため、全国どこからでも受験することができ、試験会場も自宅のため落ち着いて実力を出し切ることができます。
5日間の試験期間を終えたら答案を提出します。合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

そして合格することができたら協会のホームページから合格認定書や合格認定カードを発行することができます(有料)
お金は掛かってしまいますが、せっかく取得した資格を形に残しておくことは何よりの証明になりますので大事だと思います。

通信講座で日曜大工を習える!

未経験者や初心者でも資格取得を目指せる通信講座をご紹介いたします。

「諒設計アーキテクトラーニング」というスクールがありますが、その中の講座で「DIY工作アドバイザーW資格取得講座」というものがあります。
ここではDIY工作に必要な道具の種類やその使い方、また様々な工作の手順を学べる講座で、自宅で空いた時間に、かつ自分のペースで勉強を進めることができます。
質疑応答無制限のサポートも用意されているので初心者の方でも安心して学ぶ事が出来ます。

そして諒設計だけのスペシャル講座では、卒業課題を提出すると同時に試験免除になり二つの資格を取得できるという受講者から見たら有難いコースもあります。
取得できる資格はもちろん日曜大工スペシャリストと日本生活環境支援協会主催の「DIY工作アドバイザー」の二つです。

どちらも内容は似ていて物を作るために必要な知識ですので、日曜大工スペシャリストを取得したいのであれば二つとも取っても全く無駄ではありません。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでも日曜大工に興味を持っていただければ幸いです。
DIYアドバイザー  DIYアドバイザー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP