日本茶

日本茶・お茶資格人気ランキング

1位 日本茶セレクター

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している民間認定資格です。受験資格は特になくて、インターネットから申し込みができます。通信講座を受けて、在宅試験で合格すると日本茶セレクターに認定されます。そのためには、日本茶の基本的な知識を有することが必要です。講座では、日本茶に関する幅広い勉強をします。日本茶の栽培方法や収穫方法、歴史、お茶選びのコツ、おいしいお茶の入れ方などをこと細かく学べます。よく耳にはするけれど、詳しくはよくわからない日本茶に使われている言葉の意味なども理解できそうです。お茶ショップ、お茶教室や日本茶カフェをされている方などにも人気の資格です。

2位 緑茶インストラクター

JIA(日本インストラクター協会)主催する緑茶インストラクターは、緑茶に関することが学べます。受験資格は特になくて、カリキュラムの終了後、在宅試験に格すると緑茶インストラクターとして認定されます。茶葉別においしいお茶の入れ方や、茶道具の名称や種類、お茶にちなんだ専門用語の解釈、お茶の歴史などが学べます。ちょっと珍しいお茶の葉のクッキングレシピ「茶葉の天ぷら」、「茶葉のおひたし」、「茶葉の佃煮」、「茶飯」なども教えてくださるようです。緑茶と言えば「カテキン」ですね。身も心もカテキンパワーが付きそうな内容です。この講座を勉強する事で、緑茶に関する知識が高まることでしょう。資格取得後は、緑茶インストラクターとして活躍できます。

3位 日本茶アドバイザー

日本茶に興味や関心がある方や、日本茶販売店やカフェなどに働いてみたい方食育に興味や関心のある方におすすめなのが日本茶アドバイザーの資格です。
NPO法人日本茶インストラクター協会が認定する日本茶に関する民間の初級指導者資格です。18歳以上で申し込めます。コースは3とおりあって、通学コースと受験コースと通信講座です。資格取得を考えている方は、それぞれに資格取得方法が違うため、公式ホームページなどで、よく確認されてから申し込みをされたほうが良いと思います。こちらの協会は電話での問い合わせに応じてくださるようです。日本茶のプロを目指されるのならば、まずは初級の日本茶アドバイザーをマスターして、さらなる上の資格、中級指導者「日本茶インストラクター」を目指しましょう。

4位 日本茶インストラクター

日本茶インストラクターは、NPO法人日本茶インストラクター協会が認定する民間資格で、日本茶アドバイザーの上の資格です。中級指導者に位置付けられます。
合格率は33%とのことです。日本茶インストラクターに認定されると、
お茶教室や、お茶会の開催、学校やスクールなどでの講師活動、日本茶カフェをプロデュース、通信教育添削講師、日本茶アドバイザーの育成と指導など様々な未来が描かれます。また、日本茶インストラクターを習得後は、教養や経験を積み重ねて、さらなるうえの上級指導者「日本茶マスター」へとスキルアップの道に磨きをかけるのも良いことでしょう。

5位 日本茶スペシャリスト

日本能力教育促進協会(JAFA)が主催する民間認定資格で、講座受講と在宅試験合格にて日本茶スペシャリストとして認定されます。認定機関のwebシステム
(フォーミー)より申し込みができます。日本茶についてとことん学べます。専門家の知識の詰まった充実なカリキュラムで楽しく日本茶スペシャリストを目指せます。おんなじ日本茶でも、産地や茶葉のグレード、種類によってお茶の淹れ方が異なります。そんなところを勉強できるのです。「毎日淹れてくれるお茶がおいしくなったね」とか、「お客様がみえた時にお茶がおいしいと言われた」など、この資格を取ってからお茶に関してほめられることが多くて、毎日かかわっていたお茶の世界が変わってきたという話を聞きます。基礎やポイントを学んで、日本茶の素晴らしさや魅力を色々な方に伝えていけるといいですね。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

資格通信教育ランキング

PAGE TOP