洋食資格人気ランキング

洋食はその歴史も長く、たくさんの種類やマナーが存在します。また、新しい料理も次々と生まれてきて常に進化を続けているのが洋食という料理です。そんな洋食にもたくさんの資格が存在しています。趣味レベルで洋食について、もっと学びたいと考えている方から、料理人やお店の独立開業を目指す方まで、様々な方におすすめの洋食に関する資格をランキング形式でご紹介します。自分にあった資格を取得して、趣味に・仕事に活かしましょう。

1位 洋食エキスパート

洋食エキスパートは日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している資格で、日本に置ける洋食の歴史や洋食で使用する、食品や食器、マナーなどの基本知識、レシピの理解などが一通りできている方に贈られるものです。受験資格は特になく、どなたでもトライできます。受験料も10000円なので、低価格です。インターネットからの申し込みで、在宅で試験を受けます。合格ラインは70%なので、しっかりと準備すれば合格も十分可能です。資格を取得後は独立開業の足がかりとなるのはもちろん、飲食業界で働く上で大きなアドバンテージとなりますので、興味を持った方はぜひ受験してみてはいかがでしょうか。

2位 健康西洋料理インストラクター

インストラクター関係の資格ではおなじみの日本インストラクター協会(JIA)が認定している健康西洋料理インストラクターは、洋食を作る際の細かな食材に関する知識やその料理方法についての知識を有していることを証明する資格です。また、洋食におけるマナーなどについても問われるので、飲食関係の仕事に関わる方だけではなく、洋食を作ったり食べたりするのが好きな趣味レベルの方も自分の知識を確認する上で受けてみてほしい資格でもあります。受験はどなたでも受ける資格があり、受験料も10000円とリーズナブルです。インターネットからの申し込みで、在宅で試験を受けられるのも手軽で便利です。合格ラインは洋食エキスパートと同様の70%なので、しっかりと準備すれば、それほど身構える必要もないかと思います。洋食エキスパートと合わせて2つ持っておくとさらに周囲からの信頼度もぐっと上がると思いますよ。

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

西洋料理テーウルマナー講師認定試験は一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会が行っている資格試験です。この資格は洋食の歴史や文化を理解し、マナーについて正しい知識を持った上でそのマナーを普及させることを目的として作られました。受験資格は協会の会員として登録した方で、事前のセミナーの受講が必須になります。また、飲食サービス業での従事経験や年齢制限なども細かく設定されていますので、受験のハードルはなかなか高めです。ただし、その分資格としての価値はとても高いので、受験資格を満たしている方はチャレンジしてみてください。

4位 フードスタイリスト

フードスタイリストは日本フードライセンス国際協会(FBLJ)が認定している資格です。この資格はこれまでご紹介した資格とは少し異なり、食品を撮影する際に、料理や食材をいかに美味しそうに演出するかどうかの技術を持っていることを証明する資格です。もちろん、食の安全性などの知識も持っていることが試験では問われます。料理人をはじめ、広告業やCMの制作会社などの料理を宣伝する仕事などにもとても役立ちます。フードスタイリストは3級から1級まで3段階が用意されており、3級と2級は問題集と教本で学習して受験ができます。なお、2級からは筆記試験の他に実技試験も追加されます。1級は講座を受講した上で試験を合格した方に授与されます。1級は相当な知識とスキルが必要になりますので、じっくりと勉強を行って受けるようにしましょう。この資格は日本のみならず、国際的にも認められている資格ですので、海外でも仕事をしていきたいと考えている方は、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP