温泉資格

温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

海外では裸で人と人の交流を図る文化そのものが無い国も多く、さらには体を熱い湯の中に浸からせるという文化が無い国もあります。訪日外国人の数は年々増えていますが、彼らの訪日目的の上位に必ず挙げられるのが温泉です。私達日本人も温泉と聞いて先ず思い浮かぶのは最近では既に色んなところで営業されているスーパー銭湯。そして温泉観光と聞いてようやく本来の温泉を思い浮かべるという方も少なくありません。しかし、日本独自の文化である温泉についてもっと幅広い知識を身に付ける事で、これからますます増えるであろう諸外国からの観光客へも日本の魅力的な文化を広める事ができる温泉観光アドバイザー認定試験をご紹介したいと思います。

資格を取るには

温泉観光アドバイザーの認定資格を取るには、JLESA日本生活環境支援協会主催の温泉観光アドバイザー認定試験に合格する事が必須となります。そこで、ここではそのプロセスを説明させて頂きたいと思います。
JLESA日本生活環境支援協会ホームページから温泉観光アドバイザー認定試験の専用ページへ行き、専用ページの中にある受験申し込みボタンをクリックすると受験申し込み専用ページへ行くことが出来ます。ページ内にある受験のための必要事項を記入し、送信ボタンをクリックすると、後に必要書類が郵送にて送られてきます。後は同封されている解答用紙に試験の解答を記入し、協会へ返信するとおおよそ1か月程度で合否の判断が完了します、合格するためには70%以上の評価を得る事で認定資格を取得する事ができます。

資格を取りやすい環境が人気の理由

温泉観光アドバイザーの認定資格は数多く実施されている認定資格の中でも在宅受験で資格取得を目指す事ができるので、専門学校に通う時間や費用的に余裕のない方、仕事で忙しい方、小さなお子様が居られる方など様々な方々から注目されています。受験費用は10,000円と低価格であることも多くの方が資格取得される理由の一つとなっています。

通信講座で要領よく学べる

先ず大まかな流れとしては自宅学習⇒通信講座添削⇒通信講座卒業⇒試験の申込み⇒資格取得という流れになります。通信講座はアーキテクトラーニングより講座が開講されており、温泉観光アドバイザーの試験対策勉強が効率よく行えるカリキュラムが組まれていますので、幅広い出題範囲の中からポイントを絞って学ぶことが出来ます。
講座によってはJLESA日本生活環境支援協会主催温泉観光アドバイザーの認定資格と、JIA日本インストラクター協会主催のサナトリウム健康アドバイザーのW資格取得コースもありますので、目的や学びたい内容によって選ぶことが出来ます。両資格ともに資格取得後は講師として活躍する事が可能な資格ですので、この機会にW取得を目指すのもおすすめです。

口コミを集めました

先にも触れましたが、多くの方が温泉観光アドバイザーの認定資格に注目、そして実際に資格取得をされています。既に一足先に資格を取得された先輩たちの感想や評判、口コミを集めてみましたのでご紹介したいと思います。
■私の場合は介護の必要な家族がいることがきっかけで先にサナトリウム健康アドバイザーの資格に辿り着き、その後温泉観光アドバイザーを知りました。せっかくの機会でしたので通信教育で自宅学習した後、W取得する事ができました。
■温泉って何か特別な事を学ぶことなんてあったっけ?って思ったんですけど、意外と奥深く、でも勉強もスムーズにできたので、想像していたよりは勉強がしやすかったです。
■専門学校へ通って勉強する様な内容が通信講座から学べました。これらの知識は今後の財産になると思っております。
■いいですね、温泉の歴史など日本の伝統をしっかり学ぶことが出来ました!
■今、温泉観光アドバイザーとして活躍させて頂いています。
■オリンピックの時には是非海外の人に温泉の魅力を伝えたくて資格を目指しました。
■時間を見つけては勉強しました。短期間で資格が取れたので嬉しいです。
まだ他にも数多くの感想や評判が集まっています。これらからお分かりのように一見難しそうだと感じる温泉観光アドバイザー認定資格ですが、通信講座を受講することで効率よくスムーズな資格取得されたようです。

これからますます増える訪日外国人も含めて一人でも多くの方に温泉の魅力、日本の文化を広める事ができる貢献度の高い役割りを担う事ができますので、今後の人生においても大いに役立つ事でしょう。
温泉観光  温泉観光

資格通信教育ランキング

PAGE TOP