温泉資格

温泉観光資格人気ランキング

1位 温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーとは、日本生活環境支援協会が主催する民間認定資格です。インターネットから申し込みができて、通信講座を受講後、在宅試験にて合格した者が温泉観光アドバイザーとして認定されます。自宅にて空いた時間に自分のペースで勉強できるのでスムーズに学習が進められます。全国の温泉にまつわる歴史や知識、所在場所、温泉の泉質、効能などを学びます。温泉が好きな人、旅行が好きな人、ツアーコンダクターなど、旅行や観光にかかわる仕事をしている人のスキルアップの資格にお勧めです。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

日本インストラクター協会主催のサナトリウム健康アドバイザーの資格取得。インターネットから申し込みができます。講座を受講後、在宅で試験をして合格するとサナトリウム健康アドバイザーに認定されます。温泉分析表の見方や単純温泉やアルカリ温泉など泉質の種類や入浴方法に関する知識を有していることが証明される民間認定資格です。温泉地の施設などで仕事として活用がしやすく、性質や効果、効能を、分析表を見ながら解説する事ができます。

3位 温泉ソムリエ

温泉ソムリエとは、温泉ソムリエ協会(本部:新潟県妙高市)が運営する民間資格です。2002年に新潟県妙高市、赤倉温泉の遠間和広氏の発案により作られた資格です。温浴業界をはじめ、医療従事者、研究機関、芸能人や一般の温泉マニアが多く所有している人気の資格です。温泉ソムリエの資格を取るには温泉分析表の読み方や入浴方法のなどを受講できる温泉ソムリエ認定セミナーに参加する必要があります。温泉ソムリエ認定セミナーは、半日の講義を受けて取得できるタイプと、1泊2日で講義と実技を受けて取得するタイプの2種類あります。セミナーは東京表参道にある新潟県のアンテナショップの「新潟館ネスパス」にて開催されています。また、自宅のインターネットで受講・受験できるようになった「温泉ソムリエ認定講座」というものも随時募集されています。温泉好きの人から、温泉宿を営んでいる方、温泉ホテルで働いている方、日帰り温泉施設、温泉レポーターなど仕事でも活かせる資格です。

4位 温泉観光士

日本温泉地域学会が主催しており、群馬県草津町が後援している講座です。18歳以上の学習意欲のある人が対象で、定員は50名。講義・野外実習・試験から構成されています。毎年開催していて、2016年で13回目の開催だったそうです。講座は講師の先生方に大学レベルの内容を平易に講義していただきます。温泉を好きな方がさらに温泉が好きになる講座内容となっております。講座は2日半行い、開催場所は群馬県の草津温泉で有名な吾妻郡草津村役場です。受講料の他に交通費、宿泊費は各自負担です。詳しくは日本温泉地域学会公式ホームページにて内容が閲覧できます。この他、熱海温泉(静岡県)、昼神温泉(長野県)、別府温泉(大分県)などでも開催されて、好評だったそうです。総合学習を踏まえて温泉について理解し、観光・保養温泉地域の発展や向上に寄与する実践力が身につくことでしょう。

5位 温泉保養士

一般社団法人 日本温泉保養士協会(福島県いわき市)が主催する民間認定資格です。受講資格には特に制限はありません。日本温泉保養士協会が実施する養成講習会で規定の講習を修了して認定試験に合格した者を温泉保養士(バルネオセラピスト)として認定しています。バルネオ(Balneo)とは、温泉という意味です。受講定員は100名です。講習会では、温泉の基礎、温泉分析書の解読法、温泉療法と入浴事故防止、現代型湯治システムなどを3日間で修得します。認定の有効期間は5年間で、更新講習会を受講することで更新認定を継続することができます。温泉事業、観光事業、医療・福祉事業、旅行事業、地方自治体などの各分野の方々や、温泉に興味のある一般の方がこの資格を取得されて各方面で活躍されております。
温泉観光  温泉観光

資格通信教育ランキング

PAGE TOP