焼酎資格人気ランキング

お酒にはビールやワイン、ウイスキー、日本酒など様々な種類がありますが、日本が世界に誇るべきものに焼酎があります。焼酎にも米焼酎や麦焼酎、そば焼酎など非常に種類もあり、そのルーツもバラバラで歴史も深いお酒です。焼酎専門店などもあり、国内外問わず愛好家も多数いる焼酎ですが、実はそんな焼酎にも様々な資格が存在します。今回は焼酎に関する人気の資格をランキング形式でご紹介していきます。

1位 焼酎セレクトマイスター

焼酎セレクトマイスターは、日本案円食料料理協会(JSFCA)が認定している資格です。この資格は焼酎の歴史や製造方法、原材料についてなどの知識のほか、焼酎の作り方を地域や文化の違いごとに理解している方に与えられます。この資格を取ることができれば、飲む方の好みに合わせて、割り方などを提案できるようにもなります。受験の際の制限などは特にありません。受験料も10000円と低価格なので、気軽にチャレンジできるのも魅力です。も王仕込みはインターネットから行い、在宅での受験となります。合格ラインは7割なのでしっかりと準備して臨めば、きっと合格できると思いますよ。バーや居酒屋に勤務している方や経営者の方などは資格を一つ持っているだけで、お客さんからの視線も全然変わってきます。もちろん趣味で焼酎が好きな方もぜひ焼酎セレクトマイスターになって、周囲に自慢しちゃってください。

2位 焼酎セレクトアドバイザー

1位の資格と名前が似ていますが、焼酎セレクトアドバイザーは焼酎の飲み方や楽しみ方を提案するための知識も問われる資格です。焼酎の飲み方の提案にとどまらず、一緒に合わせたい料理や焼酎を楽しむための雰囲気作りなどの知識も必要になってくるので、接客業に携わる方にはぜひ取得していただきたいですね。受験資格や受講料などは焼酎セレクトマイスターと同様で、申し込みもインターネットから、受験も在宅で可能です。合格ラインも7割なので、マイスターとともにアドバイザーの資格もまとめて取ってしまうのでもおすすめです。資格を取得して、よりプロとして焼酎に向き合ってみてください。

3位 焼酎唎酒師

資格名もとってもかっこいい、焼酎唎酒師という資格は飲食店従事者を始め、旅行業に携わる方や卸売業者の方などにおすすめの資格です。この資格は日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が認定していて、事前に講義や添削を受けた上で試験を受け合格する必要があります。取得するためのコースには3種類があり、自宅で添削を受ける通信コース、会場で受講する受験コース、在宅でDVDや教材で学習する受験コースから選べます。また、試験は1次から4次まであり、3次試験はテイスティング試験となっています。少し、取得までのハードルは高いですが、取得できた時の嬉しさもその価値もとても大きい資格です。試験の問題例も会のホームページに一部掲載されているので、受験をお考えの方は一度チェックしてみてください。

4位 焼酎検定

焼酎唎酒師を認定している日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が認定しているもう一つの資格に焼酎検定というのがあります。この資格はどちらかというと愛好家の方向けのもので、試験にはテイスティングはなくライティングのみとなります。ただ、出題分野は焼酎の歴史や文化、基本の製造方法、モラルやマナー、雑学などで、主に趣味の方を対象としているとはいえ内容はかなり広く深いものとなっているので、知識を確認したいという仕事関連の方にも最適な資格です。1級、準1級、2級、3級の4段階があり、年一回の試験が用意されていて、すべて5000円前後の受験料となっています。3級の合格率は70%ですが、1級の合格基準は85%とかなり高い正答率が求められます。早い段階から学習をすすめて、ぜひ一発合格を目指してください。焼酎検定に合格して、自分の焼酎マニアっぷりに箔をつけちゃいましょう。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP